くらし情報『グランピング施設で「デトックス」プランがスタート』

2019年2月25日 08:00

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート
純日本産のアニメパーク「ニジゲンノモリ」内のグランピング施設「GRAND CHARIOT北斗七星135°」が2019年2月25日(月曜日)より新プラン「Hal yamashita The detox reset plan」をスタートします。

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート
パソナグループ所属の株式会社ニジゲンノモリが運営している「ニジゲンノモリ」は、兵庫県立淡路島公園の中にある純日本産のアニメパーク。

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート
県立公園の雄大な自然の中で「ナイトウォーク火の鳥」「クレヨンしんちゃんアドベンチャーパーク」など人気アニメを題材にしたアトラクションを楽しむことが可能です。

3泊4日で身体も心もすっきり今回スタートする「Hal yamashita The detox reset plan」は、「もち麦ダイエットレシピ」の著者である山下春幸氏と薬学博士の岩井正憲氏が監修。

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート
食物繊維が白米の25倍で血糖値の上昇をおさえる効果があるもち麦をベースにした栄養価の高い食事と、ヨガやボディトリートメント、太鼓演奏といったアクティビティで、身体のデトックス効果を促進します。

グランピング施設で「デトックス」プランがスタート
宿泊する部屋ではヒーリング効果を高め淡路島産のお香を使用。その他リラクゼーションマッサージや健康カウンセリングも利用でき、心身ともにリフレッシュできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.