くらし情報『門真市駅周辺エリアリノベーション社会実験実行委員会に参画し、門真市駅周辺エリアの「未来の風景」を仮設的につくる社会実験「FAct(ファクト) Eat(イート) kadoma(カドマ)」を開催!』

2021年12月3日 14:00

門真市駅周辺エリアリノベーション社会実験実行委員会に参画し、門真市駅周辺エリアの「未来の風景」を仮設的につくる社会実験「FAct(ファクト) Eat(イート) kadoma(カドマ)」を開催!

京阪ホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、社長:石丸昌宏)は、門真市が主催する門真市駅周辺エリアリノベーション社会実験実行委員会に委員として参画し、門真市駅周辺のエリア価値向上に向け、公民が連携するまちづくりに取り組んでおります。今般、その取り組みの一環として、門真市駅前や門真プラザ駐車場、空き家などを活用し、地域住民や地元企業など、多様な人が出会い、交わる社会実験「FAct Eat kadoma(ファクト イート カドマ)」を12月10日(金)から12日(日)まで開催します。
この社会実験では、門真の強みである「Fact(ものづくり)」「Act(役者・アクション)」「Eat(食)」を活かして門真市駅周辺エリアの「未来の風景」を仮設的につくり、地域住民や地元企業のコラボレーションの創出や今後のまちづくりにつなげていきます。今回は、ものづくり企業の物販・ワークショップが集まる「メイドインカドママーケット」や「こどもアートワークショップ」、京阪電車のフォトスポット・グッズ販売、地元飲食店・物販店によるキッチンカー、京阪ザ・ストアによる野菜マルシェなど、魅力的な40プログラムが集まります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.