くらし情報『CO2排出量約81%ダウン 「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用』

2022年5月26日 10:00

CO2排出量約81%ダウン 「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用

釣具・ルアー・エサ用品大型専門店を展開する株式会社フィッシングマックス(本社:兵庫県芦屋市、代表取締役社長:吉田 学)は、2022年6月1日(水)に株式会社パックスタイルの「さとうきびの搾りかすを原料に作られた虫エサ容器」
【ベイトバガスパック】を順次導入いたします。

CO2排出量約81%ダウン 「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用

【バガスベイトパック】

■業界初※の【さとうきびの搾りかすを原料に作られた】虫エサ容器を導入。
エサ釣りで多数使用される虫エサ
その虫エサを入れる容器に原材料バガス(植物由来100%)を使用した容器を共同開発しました。政府の掲げる2050年カーボンニュートラルへ賛同すると共に釣具業界全体のSDGs取り組みとして投資し【バガスベイトパック】を開発しました。

原料にバガスを使用する事でプラスチックに比べCO2排出量およそ81%ダウン。虫エサ容器は年間使用数約25万個。直接海に関わる商品で海洋流出の可能性もございます。
その為海に流出し、ゴミになった場合も想定し海洋分解100%(約150日で分解)分解のバガス素材を原料に採用いたしました。

※北九州市立大学にて生分解性素材の土壌環境中およびコンポストでの分解評価され廃棄物資源循環学会研究発表会で研究結果発表

CO2排出量約81%ダウン 「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用

【バガスベイトパック・青イソメ】
CO2排出量約81%ダウン 「さとうきびの搾りかす」の植物由来100%原料を使用した「ベイトバガスパック」を釣り具業界初「虫エサ容器」に採用

【バガスベイトパック・青イソメ】

■バガスとは
砂糖の生産に必要な糖汁をサトウキビから搾った後に出る茎や葉などの搾りカス。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.