くらし情報『積水ハウス、事業活動におけるCO2排出量の削減目標を75%に上方修正 達成に向けて業務用車両の100%電動化や当社事業拠点のZEB化を推進』

2022年5月25日 16:30

積水ハウス、事業活動におけるCO2排出量の削減目標を75%に上方修正 達成に向けて業務用車両の100%電動化や当社事業拠点のZEB化を推進

積水ハウス株式会社は、2030年までに事業活動で排出するCO2排出量の削減目標を、従来の50%から75%に上方修正いたします。

積水ハウス、事業活動におけるCO2排出量の削減目標を75%に上方修正 達成に向けて業務用車両の100%電動化や当社事業拠点のZEB化を推進

ZEBオフィスの事例

積水ハウスグループでは、2008年に、2050年までに住まいからのライフサイクルCO2排出ゼロを目指す「2050年ビジョン」を宣言し、事業活動全体において、再生可能エネルギーの利用も含めてCO2削減のためのさまざまな取り組みを開始しています。

当社グループは、この目標達成へのマイルストーンとして、2030年までに企業が自社で直接的に排出するスコープ1と電力など間接的に排出するスコープ2におけるCO2排出量(※1)を2013年度比で50%削減することを目指してきました。2021年度実績で46.6%削減を達成したことを受け、この度、この目標を75%削減に上方修正し、世界の気温上昇を産業革命前と比べ1.5℃以内に抑える目標に整合させます。

この目標を実現するために「2030年までに全ての業務用車両の電動化」や「当社の活動拠点として当社で新築する建築物のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化」、卒 FITのオーナー様から太陽光発電の余剰電力を買い取り、RE100を目指す「積水ハウスオーナーでんき」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.