くらし情報『不動産ファンドを活用し栃木県大田原市の飲食店舗と企業保養所を再生 自然豊かなカフェ・宿泊施設・キャンプ場の複合施設として再活用』

2024年5月28日 14:00

不動産ファンドを活用し栃木県大田原市の飲食店舗と企業保養所を再生 自然豊かなカフェ・宿泊施設・キャンプ場の複合施設として再活用

不動産特定共同事業による不動産ファンドを活用し、空き家・古民家活用、地方創生事業を展開する株式会社リムズキャピタル(代表:磯部 昌史・三平 裕毅、本社:東京都千代田区)は、空き家対策・事業承継の一環として、栃木県大田原市湯津上の森の中にある閉店した蕎麦屋と使用されなくなった元企業保養所数棟をカフェ・宿泊施設・キャンプ場宿泊施設として再生いたしました。
本プロジェクトの企画・プロデュースは、企画デザイン集団である株式会社Hajikami(代表:谷脇 周平、本社:東京都江東区)が担当しています。
地産地消のカフェを中心としたアクティビティ体験、原生林の中の自然体験を楽しむフィールド「NASU SATOYAMA FIELD」として、2024年6月1日よりプレオープンいたします。

URL:https://nasusatoyamafield.jp/

不動産ファンドを活用し栃木県大田原市の飲食店舗と企業保養所を再生 自然豊かなカフェ・宿泊施設・キャンプ場の複合施設として再活用

施設画像1

【空き家対策、事業承継への取組の背景】
昨今、人口減少や高齢化などに伴い、空き家として放置されている住宅や人材流出により活気を失いつつある地域が全国的に増えています。国土交通省の発表では、空き家の総数はこの20年で約1.5倍となっており、その中でも賃貸用又は売却用の住宅等を除いたその他の住宅に関しては、この20年で約2倍にまで増加しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.