恋愛情報『アラサーになってから気づく、20代のうちにやっておくべきだった恋愛活動』

2019年11月17日 14:45

アラサーになってから気づく、20代のうちにやっておくべきだった恋愛活動

人生には後悔するほどのことはなく、やってきたことすべてに意味があると言われますね。

人によっては、ある年齢に達すると、自分の過去・現在・未来を瞬時に見通せる瞬間を持つらしく、それらを見通せた人は、「すべての行動に意味がある(あった)」と悟るんだそうです。

がしかし、見通せたところで、やっぱり恋愛という“生もの”には後悔がついてまわりますよね。

今回は、20代のうちにやっておくべきだった恋愛行動に迫ります。

アラサーになってから気づく、20代のうちにやっておくべきだった恋愛活動


■ 彼氏を気まぐれに振らない

20代の頃って、付き合っている相手に対して、気まぐれに邪険にしたり、気まぐれに振ったりしがちだろうと思います。

でも、気まぐれといっても、その時のあなたは必死だったと思うんです。

たとえば、彼氏が忙しい人でなかなかデートしてくれないからという理由で、ほかの男子とデートを重ねて付き合うようになったとします。

その途中で彼氏を振ったという女子は、その時は彼氏に対して、心の中で切ないくらいなにかを訴えていたと思うんです。

そのような20代の恋愛を30代になって振り返ったときに感じるのは、気まぐれに振った彼氏に対する申し訳なさです。

彼にも非があったからあなたは彼を振ったわけです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.