恋愛情報『“婚活有望”なのは? 牡羊座、牡牛座、双子座、これからの恋愛運』

“婚活有望”なのは? 牡羊座、牡牛座、双子座、これからの恋愛運

2018年6月22日 07:00
 

2018年下半期・牡羊座、牡牛座、双子座の恋愛運をご紹介します。監修はオフェリア・麗さんを代表とするG・ダビデ研究所です。牡羊座:寄りかかることで新展開が。見る目を鍛えて危機回避を。
“婚活有望”なのは? 牡羊座、牡牛座、双子座、これからの恋愛運


思うに任せぬ出来事や不運の連鎖に、ポジティブ&アタッキングな牡羊座も、さすがにパワーダウン。自分のことは自分で片をつける主義、男に泣きつくのは女の名折れとばかり、凛としたスタンスを貫くあなたでさえ、誰かに甘え、すがりたい心情を禁じ得ないかも。だったら、強がりも演技も無用。鉄の鎧を脱ぎ捨て、愛する人の胸に救いを求めて。その変貌ぶりが、ナイトとしての本能や保護欲求をくすぐり、迷える決断をプッシュする決め手に。

ただし、恋の部屋で水星が迷走する7~9月上旬は、ラブ免疫力に難あり。DV化のリスクを秘めた暴走系に頼りがいを感じたり、見え透いた誘惑やプレイボーイの手口にコロッと参ったり、不幸への道を転がり落ちる恐れが…。経験豊富な友人や既婚者に指南してもらう、街コンで場数を踏むなど、鑑識眼を養っておくことが、至福に浸る必須要件。

結実目前の関係&カップルは11月に背中を押すようなドラマが起きる予感。障害や問題に阻まれても、希望を捨てずに前進を。婚活も有望。

【7月】
不透明。約束や交際ルールを反故にされるなど、身勝手ぶりに不信感を覚えがち。それをグッとこらえて受け入れるのが、愛を呼び覚ます極意。新装エリアに粋な出会いが。

【8月】
引き抜群。ながらも、二心や裏のある異性ほど反応が早そう。実像の見極めをキッチリと。和み系は狙い目。本命攻略は出たとこ勝負で。

【9月】
ラブ指数は残高不足気味。話題やデート情報をリロードする、愛されボディ作りに励むなど、補強にリキを。近々それが生きる予感。有望な縁は、A型の紹介や橋渡しから。

【10月】
恋の守護星・太陽がマリッジゾーンに入り、すわ結婚モードに。ただ、道のりは意外に険しい見通し。焦らず誠実に壁を壊していってください。出会いは甘いマスクが目印。

【11月】
密かな強運期。関係筋への根回しとカンフル剤が功を奏し、大団円へ。命の導きも受け入れて正解。告白&アピールは後半、明るく。

【12月】
新年に先駆け、ニューロマンスが動きだします。特に上旬の偶然は必然。関係を温め、未来へつなげましょう。進行中の交際はリッチな贈り物+星付きディナーで格上げ。
牡牛座:恋愛面で大化け必至。次なるステージへの意識を。
“婚活有望”なのは? 牡羊座、牡牛座、双子座、これからの恋愛運


出会いの扉が大きく開かれている‘18年後半。勇気を奮い起こして一歩踏み出しさえすれば、ラッキー展開が立て続けに。知人からの紹介、習い事を通じての出会い、さらには仕事のパートナーや男友達の恋人昇格まで、チャンスは無限大。加えて今期の恋は、あなたの価値観やライフスタイルを大きく塗り替え、新しい人生へと導くパワーを秘めています。これまでのパターンと何かが違う…そう感じたら、メタモルフォーゼの予兆。もっと素敵に輝けるはず。

カップルは、現状打破のフェーズに入りました。先へ進むには、意識改革が不可欠。特に婚約・入籍は、自由への未練や実家依存を断ち切ることが、前提条件といえそう。彼の浮気癖やモラハラに悩まされてきた人は、今こそブレイクスルーのとき。専門家の力を借り、毅然とした対処を。11月上旬までが強運タイム。

【7月】
ラブパワー炸裂!花火大会、野外ライブ、キャンプなど、夏限定レジャーが引き寄せの舞台に。ペアは、家族を交えた食事で絆深化。彼ママへの礼儀と心配りは抜かりなく。

【8月】
足踏み状態。トークやデートの機会が減り、ヤキモキするかも。今はマナー講座に通ったり、料理の腕を磨いたり、女子力UPに励んだほうが先の実り豊か。メイクとコーデのレッスンはすぐにも使い道が。

【9月】
魅惑の章。夢見心地のロマンスに心奪われそう。愛の愉悦は、自己の殻を破る痛みと表裏一体。そこは覚悟の上で。交際トラブルは、荒立てず穏便に済ませるのが幸福キー。

【10月】
恋模様は秋空の如く移ろい、定まるところを知りません。シーソーゲームやサヤ当てに消耗するより、程よい距離感を保って静観が賢明。仕事至上主義の恋人には少々お灸を。

【11月】
視界不良。刺激的な関係があなたを成長させてくれる半面、問題も抱えがち。本命選びや進退を迷っているうち状況に押し流され、行き着く先は予測不能。自分の人生に責任を持つ、その気概をしっかりと。

【12月】
上り坂。前半は雑念に惑わされやすいものの、後半は幸福めがけてまっしぐらに突き進めます。ライバルの影も興味本位の誘いも振り払い、イブのプレシャス体験に情熱を注いで。年末旅行もスイート。
双子座:もう1段階踏み込んだ、“大人の関係”へと進行中。
“婚活有望”なのは? 牡羊座、牡牛座、双子座、これからの恋愛運


恋の守護星・金星は、9月まで天空を疾走し、愛のパノラマワールド巡りの様相。あなた好みのおしゃれな誘い、家ごはん、華やかなパーティシーン、フェアリーテイストのメルヘンデート…と、とりどりのスタイル&シチュエーションを楽しめそう。ただ、10月には失速し始め、出会いやトキメキは超まばら、盛り上がっていたラブもまさかのドンデン返しに泣く恐れが。ここは焦らず、じっくりと品定め&愛情キープを。

そんな折も折、ラッキースター・木星は11月にパートナーゾーンへ移動。結婚や人生を視野に入れた大人の関係を推進します。ジョイフルな要素は減るものの、その分むしろ濃厚で誠実な絆が育つ星回りに。恋人や本命を虜にするマスターキーは、賢女力。外見だけでなく、マナーやフィナンシャル術、時事問題など、多方面のブラッシュUPに励むほど求められる存在へ。男っ気のないあなたはここでの恋活がヒット率高め。絶対に譲れない条件をひとつ定めたうえで参戦するのが、理想の王子様を引き寄せる極意と覚えておいて。

【7月】
ホットな愛情表現が男心に負荷をかけがち。世話焼きや大好きアピールは要セーブ。シングルは、ご近所チェックでひょうたんから駒が。

【8月】
愛の星・ビーナスの支援でモテモテ。ただ、相手は訳ありやクセ者かも。今は安易に妥協せず、等身大の出会いを待って。不倫やトライアングルラブへの参戦もハイリスク。

【9月】
物理的距離が絆を強化。いつもできるだけ、愛する人のそばや視野に入る位置をキープしましょう。マメなアイコンタクトも、男心をそそる効果◎。良縁は同窓会から。

【10月】
発芽タイム。出会いからステディとの新生活まで、何かが始まるタイミング。意図せずして生まれた関係も、先行き有望。大切に縁を育ててください。抜け駆けは必罰。

【11月】
再燃モード。一度終わった関係や冷えた恋心が甦りそう。流れた縁談、結婚話も復活の目あり。今もその気なら、直ちにアクションを。

【12月】
運気は新局面へ。婚活パーティ、紹介所その他、あちこちにフラグを立てておくのが、チャンスを逃さず捉える条件。恋人&本命とは、深夜の長電話で心がひとつに。オフェリア・麗さんG・ダビデ研究所主宰。西洋占星術をはじめ多くの占術を研究し、30年以上にわたって占い界を牽引。的中率の高さや、心の琴線に触れる魅力的な文体で絶大な支持を誇る。

※『anan』2018年6月27日号より。監修・G・ダビデ研究所イラスト・シライシユウコ

(by anan編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.