恋愛情報『寂しいよ… カップルの危機を乗り越えた「彼女のひと言」6選』

2020年5月18日 20:45

寂しいよ… カップルの危機を乗り越えた「彼女のひと言」6選

会えない日々が続くなかでも、ふたりの絆を強めているカップルもいるようです。そんなカップルたちは、試練を乗り越えるのが上手なのかもしれません。今回は、倦怠期を乗り越えるきっかけとなった“彼女の言葉”を、男性に聞いてきました。

文・東城ゆず

「私はまだ好き」

目次

・「私はまだ好き」
・「ごめんね」
・「この関係が続くと寂しい」
・「存在に感謝してるよ」
・「倦怠期だね」
・「失うのは考えられない」
寂しいよ… カップルの危機を乗り越えた「彼女のひと言」6選


「会えない日々が続いて、彼女への思いがわからなくなってしまい、しばらく彼女と連絡を取るのをやめた期間があったんです。

ある日、彼女から久しぶりに連絡があったんです。そこには“私は、まだ好き。〜くんは?”と不安そうなメッセージがありました。

その一言で、自分ひとりで関係を終わらせようとしていたことを反省しました。本当は大好きな彼女をこんなに不安にさせている自分に気付き、すぐに彼女に連絡をしなかったことを謝りました」(Iさん・41歳男性)

倦怠期が続くと「相手の気持ちがわからない」と感じることもありますよね。そんなときは自分の感情にだけフォーカスしてみるといいのかもしれません。

相手のことが好きな自分を素直に認めれば、倦怠期も気にならなくなるかもしれませんよ。

「ごめんね」

「彼女とのささいなケンカが多くなり、お互いに意地の張り合いが続きました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.