恋愛情報『とんだ“貧乏くじ”を引く羽目に… 不倫相手から妻になった女性を襲った「本当の地獄」とは?』

とんだ“貧乏くじ”を引く羽目に… 不倫相手から妻になった女性を襲った「本当の地獄」とは?

不倫に夢中になっているときには、「彼が早く離婚して私と再婚してくれたら良いのに」と願う人も少なくありません。でも、実際にそれが成功した後になって、「不倫相手の立場でいた方がよかった」と後悔する人もいます。今回は、経験者に聞いた「不倫相手から妻になった後に地獄を見たケース」をご紹介します。

自分が「不倫される側」の立場に

目次

・自分が「不倫される側」の立場に
・「略奪された」と言いふらされた
・夫の両親からの冷たい態度
とんだ“貧乏くじ”を引く羽目に… 不倫相手から妻になった女性を襲った「本当の地獄」とは?


「不倫相手と再婚できて嬉しかったのもつかの間、『すぐに子どもを作ると元妻からの印象が悪くなるから、しばらくは控えよう』と言われ、スキンシップが激減しました。

ところが、そんなときに夫が浮気していることが発覚。友達に相談しても『バチが当たったんでしょ』と言われてしまい、誰も味方してくれず辛くて仕方ありません」(29歳/イベント運営会社勤務)

相手は不倫経験者。「私と結婚したらもう不倫しないだろう」と思っていると、後悔することになることも。さらに略奪婚の場合、自分が不倫される側になっても周りに同情してもらえないことがほとんどです。


「略奪された」と言いふらされた

「彼は不倫のことを隠し通して離婚しました。しかし、その後すぐに私と再婚したため、怪しいと疑っていた元奥さんが調べ回って、彼の不倫を突き止めたようです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.