恋愛情報『妊娠検査薬で“陽性”になり… 不倫がバレた妻の「地獄すぎる結末」【アラサー女性の告白 後編】』

2021年10月26日 21:15

妊娠検査薬で“陽性”になり… 不倫がバレた妻の「地獄すぎる結末」【アラサー女性の告白 後編】

美奈代さん(仮名・32歳)はかつてのバイト仲間で、交際相手でもあった裕司さん(仮名・32歳)と再会し、不倫関係に。裕司さんとは割り切った関係を続けていたものの、その後、思いがけない展開が待ち受けていたそう。今回は美奈代さんが最終的にどんな結末を迎えたのか、その詳細を語ってもらいました。

妊娠の疑いはどうなった?

目次

・妊娠の疑いはどうなった?
・生活に支障は出なかった?
・どうして不倫がバレた?
・不倫の結末は?
妊娠検査薬で“陽性”になり… 不倫がバレた妻の「地獄すぎる結末」【アラサー女性の告白 後編】


「生理が遅れているのが気になり、もしかして…と思いました。不安を抱えながら、妊娠検査薬を購入し、試してみたところ、結果は陽性。妊娠していました。

その時期、夫とは完全にレス状態であり、夫の子どもでないことは確実。裕司くんに相談すると、ハッキリとは言いませんが、“堕ろしたほうがいい”とのこと。

初期の手術であれば入院の必要もなく、普段通りの生活を送れるということもあり、早めに対応しました」

生活に支障は出なかった?

「手術はすごく簡単で、30分以内で終わり、少しベッドで休んで帰宅しました。なので、夫にバレることはなかったです。カラダへの負担も少なく、日常生活に支障はありませんでした。

ただ、手術を受ける数日前。4歳の娘を連れて公園に行ったんですね。娘には、弟か妹かを作ってあげたいとも思っていたので、少し感傷に浸ってしまいました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.