恋愛情報『美人じゃないのになぜかモテる、「ちょうどいいブス」の実態と恋愛テク』

2019年1月6日 19:55

美人じゃないのになぜかモテる、「ちょうどいいブス」の実態と恋愛テク

目次

・「ちょうどいいブス」ってどんな人?
・女性から見た「ちょうどいいブス」
・男性から見た「ちょうどいいブス」
・「ちょうどいいブス」のモテテクは?
・現実を受け止めることから
美人じゃないのになぜかモテる、「ちょうどいいブス」の実態と恋愛テク

最近、何かと話題の「ちょうどいいブス」。耳にしたことはあっても、その定義や魅力は?と聞かれると、ちょっとわからない…という方も多いのでは?

そこで、美人じゃないのになぜかモテる、彼女たちの実態と恋愛テクニックに着目してみました。

■「ちょうどいいブス」ってどんな人?

お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんがエッセイ本『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を発表したことで注目を集めた「ちょうどいいブス」というポジションの女性たち。

彼女の著書をもとにした夏菜さん主演のドラマも1月10日にスタート予定で、今もっとも旬なワードのひとつとなっています。その定義は「決して美人ではない、むしろ不細工であると自覚しながらも、仕事も恋愛もスマートにこなしている女の人」。

つまり高望みせず、かといって必要以上に自分を卑下しない。「自分にとってのいい塩梅(あんばい)ゾーン」をしっかりと把握している女性を指す言葉のようです。

■女性から見た「ちょうどいいブス」

では、世間一般の女性は「ちょうどいいブス」をどのようなポジションに位置付けているのでしょう。リサーチしてみました。

「一緒にいても劣等感を抱かない、だけど恥ずかしくない友達のこと」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.