恋愛情報『2020年の流星群、スーパームーン、日食…見逃せない「天体ショー」あれこれ』

2020年1月1日 17:55

2020年の流星群、スーパームーン、日食…見逃せない「天体ショー」あれこれ

目次

・「部分日食」が日本で見られるのは6月
・外せないお月様のイベント
・三大流星群は年末の「ふたご座流星群」が好条件に
・三大流星群の他にも注目したいイベント
・たまには空を見上げてみて
2020年の流星群、スーパームーン、日食…見逃せない「天体ショー」あれこれ

あけましておめでとうございます!心新たに迎えた令和2年、今年はいよいよ東京オリンピックも開催されるとあって、何かと忙しくにぎやかな雰囲気になりそうです。

とはいえ、何かの機会には空を眺める心の余裕を持ち合わせていたいもの。そこで、2020年に起こる天体イベントをピックアップしてみました。肉眼でも観測できるものばかりなので、これを口実に夜デートができたらいいですね。

■「部分日食」が日本で見られるのは6月

◎6月21日
アフリカ中央付近から台湾にかけて再び「金環日食」が起こります。日本では17時頃をピークに部分日食が見られそう。東京では42%、那覇では84%も欠けて見えるそうですよ。

天体イベントの中でも、昼間に体感できる「日食」は非常にドラマティック。次に大きな日食が起こるのは2030年6月1日だから、10年後までお預け、と思うとぜひ見ておきたいところです。

◎12月14日南米で皆既日食
日本では見られませんが、チリやアルゼンチンでは2020年12月14日、現地時間のお昼くらいから「皆既日食」が起こります。時差はおよそ12時間、日本時間では15日に日付が変わる頃となりますが、テレビなどで幻想的な情景を見られそうですね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.