恋愛情報『女の子の言う「何でもいい」が嫌いなのは、彼が決断力がないからじゃない』

2018年2月21日 17:00

女の子の言う「何でもいい」が嫌いなのは、彼が決断力がないからじゃない

目次

・丸投げになってない?
・「決めてあげる」のがだんだん気持ちよくなる
女の子の言う「何でもいい」が嫌いなのは、彼が決断力がないからじゃない


よくデートで男女気持ちのすれ違いが起こりがちなシーンのひとつが、「何がいい?」「何でもいい」というやりとり。このとき、彼氏はきっと「何でもいいってなんだよ。マックでいい?って言ったらめちゃ嫌がるくせに」と、彼女は「こういうときはササっと適当にいい感じのお店見繕ってよ。てか、なんか候補くらいあるんじゃないの? まさか何もなし!?」なんて思っているのでしょう。

ついこんなふうに言ってしまって、男子から「ちょっとー、そんなんじゃ決めらんないよー」と言われたことのあるあなた、それ、実は相手の決断力不足じゃないかもしれせんよ。

■丸投げになってない?

「『何でもいいよ』には2種類あると思ってて、ひとつは、こっちの選択を尊重したいっていう気持ちで言ってくれてることがしっかり伝わるもの。もうひとつは、ただの丸投げにしか感じられないもの。丸投げに感じてしまうと、一気にやる気が失せる」(大学生/22才)

「何でもいいよ」と言われて、結局なかなかいいアイデアが出せずに困ってしまう男子の側の意見を見てみると、こんなものが目立ちます。

決断力のない男子もいるのかもしれませんが、それよりも、本当に相手に決断を委ねてるのかってことですよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.