恋愛情報『男子のセックス観を知れば、「彼にとって、私ってどんな存在?」がわかる』

男子のセックス観を知れば、「彼にとって、私ってどんな存在?」がわかる

2018年7月13日 21:00
 

目次

・■女子のセックス観は愛情確認
・■男子のセックス観は基本いつでも OK!?
・■尽くしてくれるならカラダ目的じゃないと思うよ
・■終わりに
男子のセックス観を知れば、「彼にとって、私ってどんな存在?」がわかる


こんにちは、美佳です。意中の彼とデートして、告白もないままお酒の勢いからそのままホテル(or彼の家)でセックスしてしまった場合「彼は体目的・・・?」と悩む女子もいますが、そもそも男子のセックス観は女子とは結構違うのです。

今回は、女子と男子のセックス観についてお話ししようと思います。

■■女子のセックス観は愛情確認

まず、女子のセックス観ですが・・・『◎セックスをする男性は厳選したい。ある実験では、カラダだけの相手にもある程度の知性を求める傾向が見られた。◎愛情を確認する作業としてセックスをするため、感情をともなわないセックスでは満足感が低い。◎恋愛依存体質の女子の場合、愛のないセックスに走ってしまうことも・・・。」(引用)だそうです。女子ってセックスまでのプロセスだとか、精神的なつながりを重視しちゃいますよね。

アメリカの心理学者ブラッドショーの研究で、一夜限りの関係を望む人は、男子が約17%、女子はたった約2%という結果になったそう。この結果からもわかるように女子はセックスに慎重です。

なぜ女子はカラダだけの関係を望まないのかは上述の特徴もそうですが、優秀な男子の遺伝子を残し、優れた子を安全に産み育てたいという本能があるため、誰とでも寝る、ということを良しとしないからでしょう。

■■男子のセックス観は基本いつでも OK!?

そして男子のセックス観ですが・・・「◎多くの女性とセックスがしたい。ある実験では、カラダ目的の相手に対しては知性を問わない傾向も見られた。◎恋愛感情や愛情がなくてもセックスできるため、カラダだけの関係でも満足感は高い。◎ただしカラダ目的の相手には尽くしたがらないというデータもあり。」(引用)

だそうです。これを見てどう思いました?残念ですが簡単に言うと、まぁもちろん個人差もあると思いますが、女子と違って男子は基本いつでもセックスOK!!というわけです・・・・・・。

なので、特に倫理観の弱い男子の場合は元カノをセフレにしたりだとか、その辺でナンパした子をお酒で酔わせてお持ち帰りしたりとかも普通にできちゃうってこと。

女子からしたら「最低!」と思ってしまうかも知れませんが、これが男子の一般的なセックス観なのです・・・。セックスまでのプロセスだとか、セックス後の余韻を楽しむ男子は女子に比べたらまぁ少なめ、というわけですね。

■■尽くしてくれるならカラダ目的じゃないと思うよ

彼とのデートは毎回セックスありき、となると「彼はセックス目的で私と付き合っているのかな・・・?」と不安になる女子もいるでしょうが、セックスありきのデートでも彼が普段から尽くしてくれるかとか、忙しくてもあなたに会いに来てくれるとか、セックス後にあなたが寂しい思いにならないよう工夫してくれるとかなら、カラダ目的ではなく愛情もあるんじゃないですかね?

だって、セックスだけが目的なら割と誰でも良いわけで、尽くすのも嫌がる、というデータがあるわけですから。

セックスだけにフォーカスするのではなく、普段の彼のあなたへ対する言動もよーく観察したほうがいいですよ。カラダ目的の相手には結構わかりやすいくらい雑ですから。

カラダ目的か見分けるポイントとしては、あなたと彼の間で起こることがすべて彼都合か否か。連絡も彼都合だし、会う日も彼都合で決まるというのなら濃厚カラダ目的でしょう。本当に好きで大事にしているのなら相手の意見も聞きますから。

また、あなたのためにお金、時間、労力を使ってくれるか。「会うのがいつも夜、しかも彼の家ばかりで、奢ってもらったこともない」というのなら、仮に付き合っていても肩書き「彼女」なだけで役割(?)的なのはセフレと変わらないですよ。

■■終わりに

そもそも男女においてセックス観がだいぶ違うので、セックスでの悩みが出てしまうのはある程度しょうがないと思います。

とはいえ、自分のセックス観を相手にゴリ押しするのは頂けません。お互いの価値観の差を少なくしたいなら、お互い中間地点まで歩み寄りましょう。そしたら不安もそんなに生まれないでしょうし、レスにもなりにくいんじゃないですかね?(美佳/ライター)

参考・引用文献:精神科医ゆうきゆう監修「『なるほど!』とわかるマンガはじめての恋愛研究学」

(ハウコレ編集部)

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.