恋愛情報『たまーにやってみよう。ふたりで付き合ったときのドキドキを一緒に思い出すコツ』

2019年11月14日 12:00

たまーにやってみよう。ふたりで付き合ったときのドキドキを一緒に思い出すコツ

久しぶりに手を繋いでみるのって、大きく2つのメリットがあると思うんですよね。1つ目が、懐かしのデートスポットと同様に、付き合った当初の気持ちを思い出せること。「あ〜、前はこんなふうに毎回手を繋いで、手汗かいてないか心配になったりしながら、ドキドキ歩いてたな」って。

2つ目が、久しぶりに手を繋いでみると、単純にめっちゃドキドキしちゃうことです。付き合ってしばらく経って、最近数ヶ月恋人と手を繋いで歩いていないな〜みたいな状態になってるカップルって、単純にお互い「異性と手を繋ぐなんて久しぶり」なわけですよ。

だから、いくら相手がそれなりに長いこと連れ添った恋人であっても、やっぱり手を繋ぐということでそれなりにドキドキしてしまう。

とにかく次のデートで思い切って彼の手をとってみてほしいです。

■彼の友達に会ってみる

たまーにやってみよう。ふたりで付き合ったときのドキドキを一緒に思い出すコツ


「図らずもなんだけど、最近彼氏の親友に付き合って半年にして初めて会った。そしたらなんか付き合った経緯とか、お互いの好きなところとかめっちゃいろいろ聞かれて、まあなんか面白かった(笑)」(大学院生/23歳/女性)

これはちょっと変わり種ですが、ちゃんとオススメできる理由があります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.