恋愛情報『「告白・プロポーズ・別れ」男性が恋愛の岐路に立ったときの決め手となる要素』

2020年3月29日 09:00

「告白・プロポーズ・別れ」男性が恋愛の岐路に立ったときの決め手となる要素

目次

・「告白するかどうか」の決め手
・「したいこと」が残っているか
・付き合っても、「自由」でいられるか
・「俺のものにしたい」気持ちが湧くか
・「プロポーズするかどうか」の決め手
・「同棲」が楽しそうか
・結婚しても、「自由」でいられるか
・ずっと「かわいい彼女」でいてくれそうか
・「別れるかどうか」の決め手
・「ふたりの思い出」を捨てることができるか
・「別れよう」と伝えることの罪悪感はどのくらいか
「告白・プロポーズ・別れ」男性が恋愛の岐路に立ったときの決め手となる要素


どうもあかりです。タイトルにもあるとおり、恋愛には、大きくわけて「告白するかどうか」「プロポーズするかどうか」「別れるかどうか」といった3つの岐路(分かれ道)がありますよね。

みなさんの恋愛に直結して、すぐに日常的な行動の指針として役立つ、というものではないのですが、たまには男性心理についてじっくりと学んでみようということで、この記事をお届けします。

■「告白するかどうか」の決め手

男女が出会って、何回かデートをした頃になると、男性は「告白しようかな、どうしようかな・・・・・・」といった岐路に立つことになります。

では、そんなシチュエーションにおいて男性が決め手とする考慮要素には、いったいどんなものがあるのでしょうか?

ここからは当事者である男性の方々の意見をもとにご紹介していきます。
「告白・プロポーズ・別れ」男性が恋愛の岐路に立ったときの決め手となる要素


■「したいこと」が残っているか

「『付き合ってから、その子と一緒にしたいこと』がまだあるかどうかだと思います。そこで、『もういろいろとやり切ったな』って思うと、わざわざ付き合って、彼氏としての責任を負う必要もないよな、って考えてしまう」(大学院生/23歳)

「したいこと」が残っているか。これが最初の決め手ということですが、世の中には一定数、このように「やることやっちゃったら、もう付き合う必要なんてないよね~」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.