新築か中古か…物件購入のメリット・デメリットまとめ

(c)tamayura39 - stock.adobe.com

新築か中古か…物件購入のメリット・デメリットまとめ

家は一世一代の買い物。決して妥協したくありませんよね。物件を決める際に考慮すべきことはたくさんありますが、新築にするか中古にするかというのも重要な決断になります。どちらもそれぞれ良いところがあって、悩ましいですよね。そこで、中古物件、新築物件、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

新築?中古? 比較してみました

マンションは新築?それとも中古?それぞれのメリットとデメリットまとめマンションの購入を考えるとき、迷いがちなのが「新築か中古か」。本当は新築マンションがいいけれど、予算の都合上中古マンションも視野に入れて検討中…というケースが多いでしょう。しかし新築と中古の違いは「価格」だけではありません。設備環境や保証・制度など、さまざまな面において相違点があります。そこで今回は、新築と中古の違いを徹底的に比較してみました。それぞれの長所や短所を把握して、自分のスタイルにマッチする住まいの形を見極めましょう。■まず気になるのは費用!新築と中古でどう違う?マンション選びの際、やはり最終的な判断材料ともいるのが「費用」。マンションは物件そのものの価格がメインになりますが、購入時…
新築・中古の特徴がひと目で分かるインフォグラフィックが登場-ReCasaリフォーム・リノベーションに関する情報サイト「ReCasa」を運営するリカサは、新築マンションとリノベーションの特徴をまとめたインフォグラフィック「マンション 住むならどっち!? 新築 or リノベーション」を同サイト上で公開した。同社と中古マンションの再生事業などを展開するアート・クラフト・サイエンスは、「住まいを楽しく見つめてみる」をコンセプトに、住まいにまつわる全般的な情報を視覚的にまとめたインフォグラフィックを共同でリリースしている。今回のインフォグラフィックは、新築とリノベーションそれぞれの特徴をイラスト付きでまとめたもの。例えば、相場価格は新築が平均4,581円なのに対し、中古は平…
新築・中古住宅購入の道のりをすごろく風に表現したグラフィクが登場中古マンションのリノベーションなどを手掛けるアート・クラフト・サイエンスは、住宅購入の大きな選択肢である“新築と中古の比較”をあらわしたインフォグラフィック「新築・中古どちらを選ぶ?」を公開した。同社とリカサは共同して、住まいに関するインフォグラフィク「リビングラフィクス」を展開。“住まいを楽しく見つめてみる”をコンセプトに、住まいにまつわる全般的な情報をまとめて発表している。今回のインフォグラフィック(は、新築と中古それぞれのメリット・デメリットを記載したもの。購入を検討するまでの道のりをすごろく風にあらわしている。例えば新築のメリットは「物件によっては住宅ローンの金利や借入れ条件が優遇され…
一軒家を新築するか、リフォームするか中古住宅を購入する場合、または今ある建物を取り壊して新築する場合、いずれにおいてもリフォームで改築した場合と、内容や価格比較はしておきたいものですよね。リフォームのみで快適な住まいが確保できるかどうか、簡単なチェック方法をご紹介します。■床下をチェックしよう!・基礎部分にひび割れや欠けがない?基礎であるコンクリート部分にひび割れや欠けがある場合には、表面を金づちなどでたたき、軽い音か重い音かで確認する方法があります。軽い音であれば、表面のモルタル部分だけが浮いて、ひび割れを起こしている可能性もあります。重い音の場合には、基礎コンクリート部分にひび割れを起こしていないか、専門家のチェックが必要か…
中古住宅購入のメリットとデメリットを教えて!年収が低くても手に入れやすいことで人気のある中古住宅。でも中古住宅には、思わぬ落とし穴も存在します。今回は、中古住宅を購入することのメリットとデメリットをご紹介します。■メリットは、なんといっても安いこと国土交通省の「平成23年度 住宅市場動向調査について」によると、中古住宅の平均費用総額は2136万円。年収の5倍が住宅購入の基本なので、およそ420万円前後の年収であれば無理なく住宅が購入できるといえます。■建物部分の固定資産税負担が少ない建物の減価償却は木造で20年、鉄筋造で50年と言われています。新築に比べると、新築後数年間の減税や免税措置が受けられないデメリットはありますが、それでも長年…

新築マンションが選ばれる理由は?

2人に1人は、やっぱり夢の新築一戸建てを希望オウチーノ総研は、20~69歳の男女563名を対象に「『日本人の住宅意識』に関するアンケート調査」を行った。「あなたが家を買うとしたら、『新築』または『中古』にこだわりますか?」という質問をした。「新築(新築マンション・新築一戸建て)にこだわる」と回答したのが26.3%、「新築(注文住宅)にこだわる」が23.3%、「中古にこだわる」が4.2%、「こだわりはない」が46.2%だった。欧米諸国と比べると新築需要の高い日本だが、約半数は新築/中古にこだわっていないことが分かった。「新築(新築マンション・新築一戸建て)にこだわる」と回答した人の理由として最も多かったのは、「新築の方が気持ちがいいから」…
中古より新築の方がトクかも!?という結論に至った理由【京都で半注文住宅を建てる!】こんにちは、京都で戸建てを建てている紫苑です。現在進行形です。今回はそもそもなぜ家を購入することになったのか、購入するにあたって何を検討したのか、といったことについてご紹介したいと思います。※【京都で半注文住宅を建てる!】前回の記事を読む始まるよ!■ 半注文住宅を購入することになったキッカケそれまでは京都で賃貸物件に住んでいました。ところが、家主さんから退去してほしい旨の連絡があり、急に転居先を探さなければならなくなりました。突然賃貸を探すか、買うか、という問題が急浮上し、結果として家を買おうと決意しました。何年もかけて準備万端で、建てるぞ!と考えていたわけではなく、差し迫った状況に対応した結…

中古物件を選ぶポイントと注意点は?

リノベーションで後悔しないために!「優良中古物件」の簡単な見分け方中古住宅を買って、自分好みにリノベーションする人が、とても増えています。2016年の首都圏では、新築マンションの供給戸数より中古マンションの成約戸数が多くなりました。人気のリノベーションですが、無知なまま中古住宅を購入すると、あとで痛い目に合うことも……。今回は、リノベーション向き「優良中古物件の見分け方」についてのお話しです。ABC / PIXTA(ピクスタ)■ まずは知っておきたい!リノベーションの基礎知識リノベーション向きの中古住宅をえらぶ前に、リノベーションの基礎知識をおさえておきましょう。freeangle / PIXTA(ピクスタ)リノベーションの費用の相場中古住宅を買って、リフォ…
住宅性能の「トレードオフ」にご用心!中古物件購入の際は要チェックトレードオフ(Trade-off)という言葉をご存じですか?経済学用語で「一方を追求すれば他方を犠牲にせざるを得ない状態・関係」の意味。もともとはイギリスの経済学者が指摘した「失業率と物価の関係」から生まれた言葉で、失業率を抑えると(景気が回復して)物価が上昇し、物価を抑えると(景気が冷え込んで)失業率が上昇する……という状態や関係を表しています。分かりやすくいえば、「あちらを立てれば、こちらが立たぬ」ということですね。sunny / PIXTA(ピクスタ)■ 住宅の性能にもある「トレードオフ」の関係!快適で安全な住まいを求めるのは、誰しも同じです。しかし耐震性や耐久性、断熱性や気密性、耐火性…
内見で中古マンションの「管理状態」を見抜く3つのポイント「マンションは管理を買え」とよく言われますよね。中古マンションの場合、実際にどこを見れば管理が行き届いているかどうか、わかるのでしょうか?管理状態を素人が正確に判断するのは容易なことではありません。今回は、内見する際に、最低限これだけは確認しておきたいポイントを3つご紹介します。HAKU-No1 / PIXTA(ピクスタ)■ 1.エントランスやごみ置き場だけじゃない。必ず見てほしいのはココ!kunio / PIXTA(ピクスタ)みなさんは中古マンションを内見しに行くとき、どんなところを見ていますか?もちろん、自分が購入する予定の部屋、つまり専有部をじっくり見たいですよね。それはもちろん大切です…
1981年と2000年。中古住宅を探すならこの2つの年数だけは覚えよう中古住宅を購入する場合、売りに出ている中古住宅の中でも少しでも“いい物件”を買いたいと願うのは当然のことです。その“いい物件”の意味や基準は、人によって違うと思いますが、構造的な安心感は多くの人が求めるところでしょう。住宅のプロでない限り、なかなか見極めが難しい部分ですが「築年数」からある程度の安心度を読み取ることは可能です。今回は筆者が1993年頃から取材してきた、中古の木造戸建て住宅を対象にお話ししたいと思います。HAKU / PIXTA(ピクスタ)■ ポイントになる年数は1981年と2000年たった2つだけ!freeangle / PIXTA(ピクスタ)中古住宅は建築の詳細がわかりにくい…
中古を買ってリノベする前に!確認しておきたい重要ポイント6つ中古住宅を買って、自分好みにリノベーションする人が、とても増えています。好きな建材や住宅設備を使って、自分好みの空間をつくれる人気のリノベーションですが、無知なままリノベーションをおこなうと、あとで痛い目に合うことも。中古住宅を買ってリノベーションする前に確認しておきたい6つの重要ポイントについてのお話ししたいと思います。naka / PIXTA(ピクスタ)■ 1.「リフォームかし保険」はついている?リノベーションには、雨漏りや変形などのリスクはつきものです。住宅トラブルの相談・住宅紛争処理 への支援などを行っている公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターによると、財団によせられた2…
このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.