このつらさ、なんとかしたい…PMSの対処法まとめ

(c)lado2016 - stock.adobe.com

このつらさ、なんとかしたい…PMSの対処法まとめ

生理前のホルモンバランスの変化により、多くの女性が経験するPMS(月経前症候群)。ついイライラしたり落ち込んだりしてしまう人も多いようですが、なかなか理解が得られない現状があり、人間関係のトラブルにつながることも。今回はPMSの症状と対策についてまとめました。

こんな症状もPMSかも⁉

生理前の不快、PMSの症状について。似ている病気もあるので要注意!PMSとは月経前症候群のことで、生理前になると、頭痛や腹痛、イライラ、無気力などの症状があらわれます。PMSの症状や程度は人によってさまざまですが、その数は200種類以上とも言われています。今回は、PMSの症状や対処方法、似ている病気について詳しく解説します。PMSの不快な症状を80%の女性が経験生理前になると頭が痛くなったり、イライラしてしまうことはありませんか。 これらの不調が生理前にあらわれることを、月経前症候群(PMS)と言います。PMSの症状は、排卵後からあらわれやすくなります。 そして、生理の1週間前から2~3日前になると症状が顕著になり、生理が始まるとウソのように症状がなくなって…

PMSが人間関係に影響することも…

これは、あなたの彼氏にPMSを理解してもらうために書かれた記事です。いきなり私ごとで恐縮なのですが、私は以前ヘルスケアアドバイザーとして、女性のカウンセリングを行なっていたことがあります。結果わかったことは、女性の月経とメンタルの状態は非常に密接にリンクしていること、そして、その恋人である彼氏さんのほとんどが、女性特有の生理現象を理解しておらず、彼女の気持ちをわかってあげられていないということです。女性の生理に関しては、保健体育の授業でそれなりには触れるものの、男性からしたらしょせん他人事です。頭の中に入っているわけがありません。そのために、機嫌が悪い日に限って彼女の地雷を踏んだり、体調が悪い日にそのことを気遣わずに心無い言葉を投げてしまったりと、彼女を怒らせ…

つらいPMSを少しでも楽にするためできること

憂鬱な心と体にさようなら。フランス女性に学ぶちょっと意外なPMS対策生理前に訪れる、心と体の不調「PMS(月経前症候群)」。頭痛や下腹部の痛みもツライですが、わけもなく落ち込んだりイライラするのも、精神的にキツイものがあります。女性のおよそ8割が感じているこの症状、フランス人女性はどのように対処しているのでしょう?病院に行くほどではないけれど、辛いときの対処法を、看護師の友人たちにヒアリング。ちょっと意外なフランス人女性のPMS対策をご紹介します!あなたは、PMSになりやすいタイプ?今回のヒアリングで、看護師の友人2人とも「PMSの症状はほとんどない」と初っ端からキッパリ。実は私自身も症状は軽い方です。PMSの原因については解明されていないことも多いもようです…
ここまでやれば怖くない!? 経験者が語るPMS対策4選こんにちは、「生理が重いマン」ことトイアンナです。生理が重いと言えば下腹部の痛みが代表的ですが、私はさらに肩こり、むくみ、冷えと症状のオンパレード。さらに生理前はイライラ、情緒不安定など月経前症候群(PMS)も抱えており、生理前後の1週間は地獄です。自分ごとで済むならまだしも、それで仕事のペースが変わってしまったり、不機嫌がバレて周りに気を遣わせてしまったり。そのたびに土下座して回りたい罪悪感にかられています。生理に頭を悩ませていた先日、ふと「人生で生理って何日あるんだろう? 」と考えてしまいました。PMSの3日間も含めた広義の生理なら、私の生理期間は約7日間。一般的に初潮を迎えるのが12歳前…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.