ぐっすり眠りたい! 睡眠の質を高める方法まとめ 

(c)paylessimages - stock.adobe.com

ぐっすり眠りたい! 睡眠の質を高める方法まとめ 

毎晩ちゃんと眠れていますか? やることも多いし心配ごともあるしで、なかなかゆっくり眠れないという方も多そう。でも忙しい人こそ、質のいい睡眠でちゃんと疲れをとりたいですよね。そこで、快眠グッズや寝具の選び方など、睡眠の質を高める方法をまとめました。

睡眠不足の影響

長続きするカップルはよく眠っている!? 睡眠不足が結婚生活に及ぼす影響とは…良質な睡眠は、美容や健康をキープするうえで必要不可欠というのは、もはや常識。わかっちゃいるけど、時間がなくてあんまりちゃんと寝られてない…という人も多いことでしょう。実は睡眠は、良好な人間関係にとっても重要だという説も。健康の向上にテクノロジーで貢献するロイヤル フィリップスが発表した報告書「世界の睡眠優先順位の実態」によると「よく眠ることは幸せな結婚生活のカギ」となることがわかったそうです。■睡眠不足の悪影響、日本の1位は?前述の報告書は、アメリカ、オランダ、ドイツ、フランス、日本の成人6461名を対象に、睡眠が仕事や人間関係、趣味などにどのような影響を与えているかを調べたもの。この調査では…
睡眠不足で小じわが目立つ肌に? - 良質な睡眠のために大事なこととはDECENCIAはこのほど、「睡眠」に関する調査結果を明らかにした。同調査は9月22日~25日、30代~40代の女性480名を対象にインターネットで実施したもの。秋は、夏より良質な睡眠がとれると思うか尋ねたところ、82%が「はい」と回答した。良質な睡眠がとれると感じる季節はいつか尋ねると、「秋(9月~11月)」が最も多く、次いで「春(3月~5月)」、「冬」(12月~2月)、「夏(6月~8月)」となった。睡眠時間は充分であるかという質問に対し、58%が「いいえ」と回答した。睡眠時間が不十分である理由を尋ねたところ、「ストレスを感じている」が40%強で最も多く、次いで「すぐ目が覚めてしまう」「枕な…

眠りの質を高める方法

質の高い睡眠、どうやったらとれる?「スムーズな寝返り」が重要な理由夏も終わり、ようやく寝苦しい夜から解放される!と思っても十分な睡眠時間が取れなかったり、睡眠時間をとったとしてもなんだか眠りが浅く感じたりと、睡眠についての悩みを抱えている人も少なくないのでは?9月3日の「秋の睡眠の日」を前に、機能性寝具ブランド「RISE(ライズ)」は1日、東京都内で高反発マットレス体験イベント「RISE 脳すいみん3DAYS」のオープニングイベントを開催。早稲田大学教授で脳神経科学者の枝川義邦さんが登場し、質の良い睡眠をとる方法についてトークを繰り広げました。睡眠の質を高めるには?最近の睡眠をめぐる状況として「昔は寝付けないという問題が多かったんですが、最近は本人は寝ている…
え、そんなに高いの? ぐっすり眠れる布団の中の温度は…睡眠の質を上げるには、最初に深いノンレム睡眠に入ることが大切。そのためにすべきこととは…?医師で睡眠など専門クリニック「RESM新横浜」院長の白濱龍太郎先生と寝具メーカー・東京西川広報担当の速水美智子さんにお話を伺いました。「ポイントは2つ。眠気は脳や内臓など深部体温が下がった時に起きるので、それを促すため、寝る前にいったん、深部体温を上げること。もう一つは、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のうち、リラックスする時に働く副交感神経を優位にすること。ダブル効果で深い眠りへ」(白濱先生)良質な睡眠をとる2大原則・副交感神経のスイッチをオンにする、入眠タイムをねん出。・入眠には、深部体温を上…

寝る前の過ごし方も重要!

1日3回、1分ずつのストレッチで「ぐっすり快眠」を実現する最近、寝つきが悪い。眠っているはずなのに疲れがとれない......。そう気づいているのに対策がとれないのは、巷でいわれる「よく眠れる方法」を実行するのが大変だから。でも、入浴時・ふとんに入る直前・ふとんに入ってからの1日3回、それぞれ1分間のストレッチをするだけでぐっすり眠れるとしたらどうでしょう? ちょっと試してみたくなりませんか。「眠って4時間で深睡眠を2回」がカギこの画期的な「ぐっすりストレッチ」を提案するのは、睡眠の名医として人気の白濱龍太郎氏。白濱氏によると、「ぐっすり眠った」という感覚になれるのは、「深睡眠(徐波睡眠)」がよくとれたときなのだそう。深睡眠とは、ノンレム睡眠のなかでも…
「朝までグッスリ」のツボはカカトにあった お風呂上がりの1分快眠マッサージ朝が弱い人、寝つきが悪い人、夜中に目が覚めてしまう人、不眠症の人……。睡眠に関するお悩みを抱えている人は少なくないはず。でも、睡眠時間を今以上に確保するのは難しい……。睡眠時間は変えずに、眠りの質を高める方法はないものか。そこで、前回に続き、目白鍼灸院の柳本 真弓(やなもと・まゆみ)先生に、どこでも簡単にできるセルフケア法を教えていただきました。第2回は、快眠のツボです。ツボ・マッサージの前にやるべきこと「今回は、寝る前にマッサージするだけで、眠りの質を高められるツボを教えします。たった1分のケアで、不眠などの睡眠障害にも効果があらわれますよ」「ツボのマッサージに入る前に、やってほしいことがあ…
不眠さん必見!?寝る前に泣いて自律神経を整える「涙活」でリラックスして快眠しよう不眠さん必見!?寝る前に泣く「涙活」が快眠に効果的!?みなさま、最近、眠れていますか。あまりの寒さに、夜中に目を覚ますなんて方もいらっしゃるのでなないでしょうか。もちろん、寒さ以外にもいろんな理由で、不眠に悩まされている方もいるでしょう。快眠方法のひとつに、涙活という方法があるのはご存知でしょうか。※涙活とは、1ヶ月に2、3分、能動的に涙を流すことで、心のデトックスを図る活動をいいます。不眠症で悩まれる方は、ひとつ涙活を睡眠時の習慣として、取り入れてみることをオススメします。「涙を流すためには、どうすればいいの?」という方は、寝る前に感動する映画を見たり、泣ける本を読んだりして、思い切り涙を流…

ぐっすり眠れる寝具の選び方

敷き布団にもベッドにも使える!おすすめのマットレス10選わたしたちにとって睡眠は、毎日の疲れを癒やし解消する大切なもの。その時間をよりよいものにするためには、自分の体に合ったマットレスの使用がおすすめです。そこで今回は、おすすめのマットレスを10個ご紹介します。この機会に、ぜひ自分に合ったマットレスを探してみてくださいね。おすすめの理由はココに!マットレスの特徴とメリットマットレスは、体圧を分散させて体への負担を軽減する役割を持つ寝具。良質な睡眠を得られる、そして体の疲れが解消されやすくなるという2つのメリットがあげられます。ただ、これはあくまでも体に合ったマットレスを使用した場合のメリットです。体に合わなかった場合、眠りが浅くなる可能性があるので…
深く眠れる枕を見つけよう!おすすめの枕10選寝具のひとつである枕は、良質な睡眠を取るために非常に重要なアイテムです。体に合わない枕を使い続けていると、眠っているつもりでも体は十分に休めていないことに。深く眠れる枕を見つけることで、翌日の目覚めや日中の集中力などが改善されます。ここでは、枕の大切さや種類、おすすめの枕についてご紹介します。枕はしっかりと選ぶことをおすすめ!だいぶ前に安く買った枕を使い続けているなら、もしかしたら深い眠りを妨げる枕を使い続けているかもしれません。枕によっては寝返りが打ちづらかったり、自分の体にフィットしていなかったりと睡眠の質を悪くしてしまうため、自分の体に合う枕を選ぶのがおすすめです。寝付きが悪い、中途覚醒…
快適な睡眠へ導く!おすすめの布団カバー10選布団カバーは、毎日の睡眠をより快適なものにするアイテムのひとつ。心地よい眠りを実現する素材が使われていることが多いので、睡眠の質を高めたい方におすすめです。そこで今回は、おすすめの布団カバーを10個ご紹介します。布団カバーで、良質な睡眠を実現しましょう。おすすめはどれ?布団カバーの素材布団カバーにはさまざまな素材が使われています。代表的な素材には綿やポリエステルがあり、前者はさらりとした肌触りが特徴的です。保湿性と耐久性に優れているので、深く快適な眠りを楽しめます。後者は、乾きやすくシワになりにくい性質からお手入れが楽に行えます。このほかにも、布団カバーには熱伝導率が高く肌触りがよいシルクなど…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.