40代になったら保険の見直しをするべき? 具体的な選び方やおすすめの生命保険を解説!

生命保険の見直しを定期的にする必要はないと考える方もいらっしゃると思います。

40代は公私共に忙しくなり、生活設計も立てづらいと感じる方も多いのが現状です。


  • 子どもの教育費や住宅ローンなどの固定費が多い
  • 自分の生命保険まで見直す余裕がない

しかし、40代は本当に生命保険を見直さずに過ごしてしまってもよいのでしょうか?

  • 必要のない払い込みがある
  • 生活習慣病など、病気が増えてくる
  • 老後の資産準備に不安がある

20代や30代ではあまり重要としてこなかったかもしれない保障内容も、40代では見直すべき点が多くあります。

この記事では、以下のような内容を中心に紹介していきたいと思います。

  • なぜ40代で生命保険の見直しが必要なのか
  • 40代ではどのくらいの割合が生命保険に加入しているか
  • 40代の生命保険料の相場とは
  • 生命保険を見直す前にしっておくべきポイントとは
  • 40代におすすめの生命保険とは

おすすめの生命保険では、生命保険の内容についてより詳しく紹介していきます。

生命保険の見直しを考えていない方も、この記事を読むことで同年代の方がどんな生命保険について検討しているのかがわかるかもしれません。

ぜひ最後までお読みください。

内容をまとめると

  1. 40代は生命保険の見直しが必要なタイミング
  2. 生活習慣病をはじめ、だんだん病気が増えてくる年代
  3. 心身共にストレスが多く、健康面も不安定
  4. ライフステージによって、必要な保障も変化する
  5. 40代は、生命保険加入率が最も高い
  6. 40代は生活設計が立てづらい家庭が多い
  7. 40代は独身・既婚・子どもありのの違いで生命保険を見直すとよい
  8. 生命保険の見直しでは、定期型と終身型の見直しもできる
  9. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!
\オンラインで相談できる/無料で相談する >>公式サイトを見てみる

40代の生命保険の見直しの必要性


ライフスタイルも安定して、仕事や育児に忙しい方が多くなるのが40代です。


40代は、仕事はもちろん家庭でも責任が多くなり、健康へのリスクも高まります。


日々忙しい中で見落としがちになりますが、40代は生命保険の見直しが必要なタイミングでもあります。


  • もうすぐ40代になるが、自分の生命保険内容は把握していない
  • 今まで病気やケガもなく、生命保険の見直しは必要ない
  • 40歳に必要な生命保険がわからない
  • 月々の出費が多く、40歳の保険見直しが心配

また、公私共に心身共にストレスが多く、生活習慣病の発症リスクも増えてきます。


40代になるタイミングで生命保険をしっかりと見直して、今のライフスタイルに合った保障を万全にしましょう。


そもそも40代はどのくらい生命保険に加入している? 保険料の相場・金額は?


生命保険は人生の中で長期にわたり加入する保険商品というイメージがあります。


加入時は、生命保険に加入する理由も「自分のため」という方が多いかもしれませんが、ライフステージが変わるにつれて、生命保険で保障するべき備えにも変化がでてきます。


ここでは、40代がどのくらいの割合で生命保険に加入しているかと、保険料の相場などを紹介していきます。

40代の生命保険の加入率は?

多くの人は、成人して独立する20代から生命保険について考え始めます。


生命保険文化センターの令和元年度調査によると、20代から60代の男女の生命保険加入率は、男性81.1%、女性は82.9%となっています。


 その中でも40代での生命保険加入率は男性が91%、女性が89%と、男女共に40代が最も多くなっています。


男女共に、働きざかりではあるが健康面に不安が見られやすいのが40代です。しっかりと保険を見直して、生命保険で万一に備える方が多いというのが現状のようです。



40代の生命保険の保険料相場や平均月額は?

20代から備え始める生命保険ですが、年代によって払い込み保険料にも違いがあります。


40代の方が支払う生命保険料の相場は、どのくらいなのでしょうか。


40代男性40代女性
年間払い込み保険料232,000円156,000円
月額払い込み保険料19,333円13,000円


40代になると、生活習慣病などの病気を気にし始めたり、ガンへの保障を手厚くする傾向があるようです。


しかし、生命保険を見直すべき40代では「経済的余裕がなく、生活設計を立てられない」という悩みが多く見られます。


子どもの成長に合わせた教育費の増加などから、40代では必要な生活費の維持と生命保険の見直しが課題となっているようです。


見直しするときに意識しておくべき40代の生命保険の選び方


40代では、ビジネスでもプライベートでも、義務や責任が大きくなります。


人それぞれライフスタイルは違いますが、どの場合も加入している生命保険の見直しが必要な時期となります。


  • 40代で必要だと思う保障は何か
  • 家族がいる場合、備えたいものは何か
  • 生活に合わせ、万一にどのくらいの保障が必要か


20代・30代で加入したままの保険内容では「保障額が足りない」というトラブルに見まわれたり、逆に「掛け金を払いすぎている」という可能性もあります。


ここでは、見直す際に意識したい生命保険の選び方についてまとめました。

40代の生命保険の選び方①独身の場合

今は生活も多様で、独身者も多くなりました。


独身の場合、基本的には老後資金や貯蓄にお金を回したい方が多いと思います。


  • 既婚者と比べて、家庭に対する死亡保障は心配ない
  • 親が扶養の対象ならば、一定の死亡保障が必要な場合もある
  • 老後への備え方の方法を考える


独身者の場合は、死亡した際に残された家族を守るための備えとして一般的な死亡保障を考える必要はさほどありません。


そのかわりに、健康保険では足りない部分の医療費や入院費への備えはしっかりとしておきましょう。


また40代独身者が生命保険の見直しをするときは、老後に向けての資金準備についても備えたいと思います。


その場合は資産運用や終身保険など、さまざまな選択肢があります。その中の1つとして生命保険もあると考えるとよいでしょう。

40代の生命保険の選び方②夫婦の場合

40代夫婦が生命保険の見直しをするときには、以下のことが大切となります。


  • どちらかの収入で生活している場合、死亡保障をしっかりと備える
  • 夫婦のどちらかが要介護生活となる場合を考えた介護保障
  • 老後にどのくらいの資金が必要かを考える


子どもがいない分、教育費などの出費がありません。そのため40代での生命保険の支払いには多少の余裕があると考えられます。


そのかわり注意しなくてはいけないのが、「老後の資金と介護」についてです。


子どもがいる家庭は、親に介護が必要となった場合に子どもを頼れる可能性があります。しかし夫婦のみの場合は2人で解決しなくてはいけません。


健康を維持できたとしても、高齢になったときに介護が必要なケースは多くあります。万一への備えとして、40代の生命保険見直しのタイミングで介護保険についてもしっかりと準備を始めるのがよいでしょう。


40代の生命保険の選び方③子どもがいる場合

子どもがいる場合、限られた中でしっかりと備えるために考えたいのが死亡保障です。


  • 家族のために死亡保障をしっかりと考える
  • 子どもが独立するまでの期間に備える
  • 「住宅ローン」がある場合、死亡保障額を下げられる


住宅ローンがある場合、住宅ローンを契約するときに「団体信用生命保険」というものに加入していることが多いです。


これは、「ローンの返済中に死亡した場合、ローンの残額を返済して家族が住宅に暮らせる」という保障になります。


家族は住む家を確保できるため、生命保険の死亡保障を下げても安心です。


40代で子どもがいる場合、月々の教育費やローン返済などで固定費の負担が大きくなります。


生命保険料に対する保障のバランスが適正かどうか、しっかりと見直しましょう。

40代におすすめの生命保険


ここまでは、40代が生命保険の見直しをする際に大切なポイントをまとめてきました。


ここからは、40代で生命保険の見直すをするときにおすすめしたい生命保険4つについて紹介していきます。


  1. 医療保険とは
  2. 女性保険とは
  3. 死亡保険とは
  4. ガン保険とは


さまざまなライフステージで活躍する世代ですが、40代は健康面や老後資金について不安のある方が多い世代でもあります。


  • 30代までは定期保険で特定の期間内の保障に備えていた
  • 40代の見直しでは、終身保険も検討したい
  • 見直しでは、不要となった内容がないかを知りたい
  • これから増やすべき備えについて知りたい


自分のスタイルに必要な保障を検討しましょう。


おすすめの生命保険①医療保険

医療保険とは、簡単にいうと「病気やケガの治療で入院や手術をしたときにかかる医療費の保障です。


  • 病気やケガで入院したときの費用
  • 手術にかかる費用
  • 通院にかかる医療費


以上が医療保険で備えたいポイントとなります。


入院費の自己負担とは?


生命保険文化センターが令和元年度に「直近の入院時の自己負担費用」の調査を発表しています。


それによると、20代から60代へ調査した1日あたりの入院時にかかる自己負担額の平均は、23,300円となっています。


1日に40,000円以上の負担があったと回答する人も16%と、急な入院に対しての出費が大きく備えておくと安心ということがわかります。


また、40代の直近の入院時の入院日数は12.3日です。


1日の入院時にかかる自己負担額と入院日数から、もしもの入院に備えたい入院給付金を考えるといいでしょう。


備えるべき通院費とは?


医療費は、入院や手術の費用のみと思われがちですが、通院の負担にも備えたい理由があります。


入院する日数は、近年だんだん短くなってきています。


入院日数が短くなると、当然ですが通院の日数が増えます。入院給付金を考えるときには同時にかかる通院費への保障についても検討すると安心です。


ライフスタイルに合わせた「定期保険」と「終身保険」


医療保険は、「定期保険型」と「終身保険型」の2種類に分かれます。


定期型の医療保険は、終身保険よりも低い保険料で一定期間を保障できるものが多いのが特徴です。年齢や健康に合わせて更新できる場合もあります。



  • 「個人経営の仕事が成功するまでの一定期間、手厚い保障内容を受けたい」
  • 「高齢の医療費は貯蓄などで十分」


このような方は、定期型を検討するとよいと思います。


注意したいのは、高齢になったときに定期型の満了を迎えると、更新ができない場合が多いという点です。また、更新時には条件によって保険料があがっていきます。



一方で「終身型医療保険」は、加入時に契約した保険料がずっと変わらず保障が一生涯続くというものです。「いつなるかわからない病気やケガには常に備えたい」という方には、終身型の医療保険がおすすめと言えます。


それぞれに合った医療保険で、万一に備えましょう。

おすすめの生命保険②女性保険


女性保険とは、名前のとおり「女性のための保険」です。


生命保険会社によって内容が若干異なりますが、基本的には女性特有の病気に対する保障が特徴です。乳がんや子宮がんをはじめ、女性器疾患などが対象となります。


また女性には妊娠・出産があります。


切迫早産や異常分娩など、出産に関係するリスクに備えることもできる保険もあります。


女性保険のメリット


女性の病気に特化した保険なので、あなたが40代女性の場合は女性保険をおすすめします。


なぜかというと、加入中の医療保険の月々の保険料を増やして入院給付金に備えるよりも、女性保険の方が保障が手厚くなる場合があるからです。


女性保険は、基本的に医療保険と同じイメージの保障です。その際、もしも女性特有の病気と診断された場合、通常の入院給付金+女性入院給付金が支払われる場合が多いようです。


いずれも、診断後での加入では保障されません。


いざというときのため、女性保険で備えておきましょう。

おすすめの生命保険③死亡保険

死亡保険とは「亡くなったた場合に備える保障」になり、「死亡整理資金」と「遺族への資金」に分類されます。


死亡整理資金とは?

これは独身者や既婚者など関係なく、死亡した場合に必要なお金に備えるものです。


  • お葬式の費用
  • 遺品の整理
  • 住居の生産


一般的には以上のような、亡くなった後に発生する費用への備えとなります。


日本消費者協会の調査結果では、葬儀にかかる総額は平均195万円となっています。近年では家族葬も増えてきましたが、地域によって葬儀にかかる額が変わるようです。



遺族のために必要な保障とは?

もしも家族の収入を支えている人が亡くなった場合に、死亡保険の保障が重要となります。

葬儀や埋葬の費用はもちろんですが、他にも下記の保障が必要となります。

  • 残された家族の生活費
  • 子どもの教育費
  • 今後の住居にかかる費用

特に、子どもの教育費については各家庭で必要な額が大きく変わってきます。

「子どもが私立校に通っている」「大学入学の準備」「子どもの年齢や人数」など、もしも死亡してしまった場合にどのくらいの保障を備えておくべきかを把握する必要があります。


一方、独身者の場合は「死亡整理金」への備えがメインとなる方が多いと思います。

もしも親が扶養の対象となっている場合などを考えて備えるとよいでしょう。

おすすめの生命保険④がん保険

がん保険とは、ガンで入院や手術をしたときに受けられる保障をまとめた保険です。


40代の生命保険加入者の調査では、男女共にがん保険への加入率は毎年上昇しているようです。


平成13年度には約20%だったがん保険への加入率ですが、令和元年度には約40%にまで増加しています。


がん保険の特徴は、入院給付金の支払い日数が無制限というとことです。治療に時間がかかる病気だからこそ、無期限の給付金が保障されています。


がん保険で注意するべきなのは、契約から保険を適用できる期間に「待ち」があるという点です。


契約日から3か月間、または90日など契約した保険に待ち時間が設定されています。つまり、この期間中にガンと診断されても保障の対象とはなりません。


がん保険は「ガンとわかる最低3か月前には契約をして、ガンに備える必要がある」ということを覚えておきましょう。

40代の生命保険ランキング


ここでは、オリコン顧客満足度が発表している40代の生命保険ランキングを紹介します。


順位生命保険会社
1位プルデンシャル生命 
2位大樹生命
3位ソニー生命
4位三井住友海上あいおい生命
5位オリックス生命


40代が生命保険の見直しをするときに重視する項目としては、「生命保険商品の内容」が38.51%と最も高いことがわかりました。


その他にも、保険料・手続き・アフターフォローを重視する方が多いようです。


まとめ:40代は生命保険の見直しすべき時期! 適切な選び方を意識しよう!


公私共に活躍の場が多い40代は、ライフステージもさまざまです。


この記事では以下のことについて解説してきました。

  • 今の自分のライフスタイルに合わせて生命保険を見直す
  • 自分が家族の収入を得ている場合、備えが十分か計算してみる
  • だんだんと増えてくる健康への不安を生命保険で見直す
  • 女性特有の病気に対する保障を上手に活用する
  • 老後への資金を考慮する


子育て中の方も多い40代は、子どもへの教育費の負担も大きい年代です。


だからこそ、加入中の生命保険を見直すことでより安心して生活ができるようになると思います。


自分と家族に会った生命保険への見直しをして、本当に必要な生命保険を備えましょう。


保険に関する悩みは、マネーキャリアの無料相談などを検討して解決していきましょう。

\ オンラインで相談可能 /無料で相談する>>公式サイトを見てみる

おすすめの記事