ビューティ情報『ぐっすり快眠に導く「バスタオル枕」とは?作り方と使い方を解説』

2019年8月30日 09:00

ぐっすり快眠に導く「バスタオル枕」とは?作り方と使い方を解説

厚さの微調整も簡単です!

汗を吸収する・肌触りが良い

綿のバスタオルは、汗を吸収するとともに、適度な柔らかさがあります。肌触りが良いため、眠りに適した素材と言えるでしょう。

経済的

バスタオル枕は、使い古しのバスタオルさえあれば作れるのがうれしいところ。特別な素材や形状の高価な枕を買わなくても、自分にぴったりの枕を手に入れられます。

バスタオル枕を作ろう!

バスタオル枕の作り方

バスタオル枕の作り方

STEP1:バスタオルを縦長になるように二つ折りにします。

STEP2:おしぼりのようにクルクルと丸めていき、最後は丸めずに少し余らせておきます。

STEP3:クルクルと丸めた部分が首の後ろ、余らせた部分が後頭部にくるようにして、敷布団に置きます。STEP4:敷布団に仰向けになり、枕の使用感を確認。以下のチェックポイントをクリアできるように、バスタオルの巻き具合を調節していきます。調整の際には、下で紹介するカスタマイズ方法も参考にしてみてください。チェックポイント
・首の後ろのすき間がすべて埋まっているか
・形がフィットしているか、快適か
・あごが上がらず自然に上を向いている寝姿勢になっているか

バスタオル枕のカスマイズ方法

バスタオル枕

バスタオルの長さが足りない場合は、バスタオルを二重にして巻いたり、後頭部に置くタオルを別に用意したりしてもOKです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.