2016年9月6日 08:00|ウーマンエキサイト

早い人は30代から!? 気付かぬうちに始まる「初期老眼」をセルフチェック

二条しおり
ライター
二条しおり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
老眼の症状は、早い人では30代後半から出始め、40代になると大半の人に起こるといわれています。しかし、「老眼=おばあちゃんがなるもの」というイメージがあるため、症状が出ていても気づかずに放置している人も多いようです。

目次

・初期老眼をセルフチェック!
・自分に合うメガネをつくることが重要


早い人は30代から!? 気付かぬうちに始まる「初期老眼」をセルフチェック

© leszekglasner - Fotolia.com


「遠近両用メガネ」や「老眼鏡」を使わずに長い間無理していると、疲れ目や頭痛、肩こりなどのトラブルが生じることがあるのだとか。さらには、眉間にシワが寄った”ブス顔”になる可能性も…。

サインに早めに気付いて対策できるよう、老眼の基礎知識を知っておきましょう。

■初期老眼をセルフチェック!

老眼とは、いずれは誰もがなる目の老化現象のこと。人間の目の中には「水晶体」という組織があり、遠くや近くにピントを合わせるカメラのレンズのような役割をしています。

近いところを見るときは、この水晶体が厚くなってピントを合わせるのですが、年を重ねると水晶体の弾力性が低下し、厚さを調節することができなくなってきます。つまり老眼とは、簡単に言えば、近くのものが見えづらくなることなのです。

日常生活の中でどのような変化を感じると、老眼の可能性があるのでしょうか。

次に挙げる症状は、老眼の典型的な症状だと言われています。「あるある」と感じたら、老眼が始まっている可能性が高いでしょう。
・新聞や本など、近くの細かい文字が読みにくい。少し顔から話すと見やすくなる
・夕方、または薄暗い場所ではものが見にくい
・遠くから近くにピントを合わせるのに時間がかかる

見えづらさを実感していなくても、パソコン作業や読書のあと、以前より目が疲れる、頭痛や肩こりがひどくなったなどの症状があれば、老眼が始まっている可能性があるそうです。
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
確認中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
二条しおり
二条しおりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
二条しおり
二条しおりの更新通知が届きます!
フォロー中
二条しおり
二条しおりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.