ビューティ情報『【脱・昭和メイク】!アラサー女子が「オバサン認定」されてしまうNGメイク4選』

2019年6月5日 16:00

【脱・昭和メイク】!アラサー女子が「オバサン認定」されてしまうNGメイク4選

令和になり、新しい時代が到来しましたね。メイクの流行も、時代によって変わっていくもの。アラサー女性のなかには、「昔からメイクのやり方や好みが変わっていない」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、自分では気にならなくても、知らないうちに「あの人のメイク、オバサンっぽいな」と周りから思われていることも……。そこで今回は、周囲から「昭和メイク認定」されがちなNGメイクのポイントを4つご紹介いたします。

知らないうちに「オバサン認定」されているかも……。いますぐやめるべきNGメイク4選

①首と色が違う……?「ベースメイク」の白浮き

目次

・①首と色が違う……?「ベースメイク」の白浮き
・②人相悪すぎ……「極細眉毛」&違和感のある「太すぎ眉毛」
・③やりすぎNG!バサバサすぎる「まつ毛」
・④まるでバブル期のよう……ラメ感が強すぎメイク
「ベースメイク」の白浮き
出典:GODMake.
美肌の条件としてあげられることも多いのが「色白肌」。日ごろのスキンケアでも美白ケアは外せない、という人も多いのではないでしょうか。

メイクで少しでも色白さんに見られたいがために、ファンデーションは自分の肌より少し明るめのトーンを選んでしまいがち……。しかし、やりすぎはオバサンメイク認定されてしまうポイント。首の色と顔色に差があると、不自然なのに加えて、とたんに老け見えフェイスになってしまいます。

ファンデーションを選ぶ際には、カウンターで試すだけでなく、一度日光のもとでチェックするのが無難かもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.