ビューティ情報『乳酸菌とビフィズス菌の違い、知っていますか?腸活に良いのは…!?』

2019年7月13日 12:00

乳酸菌とビフィズス菌の違い、知っていますか?腸活に良いのは…!?

近年、話題となっている「腸活」。善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が腸に良いことは有名ですよね。実は、同じ善玉菌でも特徴は異なるもの。腸活に良いのはどちらでしょうか?根拠とともに、ご紹介します!

腸の中は善玉菌と悪玉菌がいる!?腸にどんな良いことがある?

目次

・乳酸菌
・ビフィズス菌
・乳酸菌とビフィズス菌の大きな違いとは?
・もちろん、乳酸菌も腸に良い◎
・善玉菌のエサになるものを食べる
・オリゴ糖を摂る
・生きたビフィズス菌入りの乳製品を摂る
腸の中には善玉菌と悪玉菌
出典:GODMake.
腸には、沢山の菌が住みついています。腸に良い菌を善玉菌、悪い菌を悪玉菌といいますが、この2つの菌がいつもせめぎ合っています。もちろん、善玉菌が多いほうが好ましいです◎。

善玉菌のはたらきは、食べ物の消化・吸収を手助けしたり、免疫力を増やす、など。体に良いはたらきをするため、「腸活」が注目を浴びているわけですね!

腸活
出典:GODMake.
悪玉菌のほうが優勢になると、体調に影響も出てきてしまいます。例えばお腹の調子が悪い、など。それだけでなく、悪玉菌はがんの原因となる物質を作り出すことも。

乳酸菌とビフィズス菌は、善玉菌です。同じ善玉菌でも、実はまったく異なるもの。性質を知って、正しく腸活していきましょう!

乳酸菌とビフィズス菌について!違いは何!?
乳酸菌とビフィズス菌後外
出典:GODMake.

乳酸菌

乳製品や、発酵食品に含まれます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.