ビューティ情報『サラツヤ髪をキープしたい!髪を傷めないドライヤーの使い方』

2020年8月9日 20:00

サラツヤ髪をキープしたい!髪を傷めないドライヤーの使い方

自然乾燥はNGだけどドライヤーの熱は髪のダメージに

目次

・タオルドライをしっかりする
・ドライヤーの前に美容オイルをつける
・髪から20センチ以上離す
・短時間で乾かすための順番
・完全に乾く前に冷風で仕上げる
・速乾性のために風量の強いドライヤーを選ぶ
・髪ダメージのケア機能があるドライヤーを選ぶ
・重量が軽めのドライヤーを選ぶ
ドライヤーの熱は髪のダメージに
出典:byBirth
「ドライヤーをかけると髪が傷むから」といって、自然乾燥させていませんか?自然乾燥すると頭皮が湿った状態が続き、雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化しやすくなります。

頭皮環境を良好に保つことは、美髪のためには大事なこと。そのため、ドライヤーで髪を乾かすことは必須条件なのです。

しかし、ドライヤーの熱が髪のダメージになるのもまた事実。では、どのようにすれば髪を傷めずに、髪を乾かすことができるのでしょうか?

髪を傷めないドライヤーの使い方
できるだけ髪を傷めないためには、ドライヤーの使い方が重要です。どのようなポイントに気をつければ良いのか見ていきましょう。

タオルドライをしっかりする

タオルドライをしっかりする
出典:byBirth
できるだけ髪を傷めずに髪を乾かすには、ドライヤーをかける時間を短くすることが大事。そのためには、タオルドライをしっかりすることがポイントです。いきなりドライヤーを当てるのではなく、乾いたタオルでしっかりと髪の水分を吸い取りましょう。

このときに、髪をこするようにゴシゴシ拭くのはNG!タオルで髪を包み、押さえるようにして水分を吸収させます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.