ビューティ情報『リモートでカメラ越しでも怖くない!ライト当てた?と感じる明るい肌に見せるコツ』

2021年3月28日 10:00

リモートでカメラ越しでも怖くない!ライト当てた?と感じる明るい肌に見せるコツ

リモートでカメラ越しでも明るい肌に見せるメイクポイント
いつもと同じはずなのに、リモートでカメラ越しに映る自分をみて、なんだか顔色が悪く見える…と感じたこともあるはず。

特に初対面のリモート会議などでは、対面で会うときのような明るい印象をキープしたいですよね。

今回はいつものメイクを少し意識するだけで「ライト当ててる?」と感じる明るい肌に見せるコツをお教えします。

(1)ハイライトを入れるポイント

ハイライトはメイクをする上で、くすみを飛ばし、肌を明るく見せたり、高さのある部分を高く見せ、顔のパーツを際立たせるために使うアイテム。

ホワイトやシルバーなどの明度の高い色味をメイクの最後にのせることで、光を反射して肌を明るく見せます。

顔は、平面ではなく立体なので、顔が動いた時に光が集まる顔の高い位置に入れることがポイントです。

顔の中心である、眉頭の上、鼻のくぼみ、鼻先、上唇、あごに、パウダータイプならサッと、リキッドタイプならトントンとのせるだけで、正面からライトを当てたような自然な明るさがでます。

目次

・(1)ハイライトを入れるポイント
・(2)チーク、リップを入れるポイント
・(3)眉、アイメイクのポイント
・(4)トップスは白か淡いカラーがおすすめ
・(5)白い壁の前 or 自然光の当たる場所
・(6)前髪を流す、耳にかける、まとめる
・(7)カメラの高さは正面にしよう


ハイライトを入れるポイント01
出典:byBirth
目元を明るく見せたい場合は、目尻の下、目頭と鼻のあいだにハイライトを入れると、黒目がグッと強調されます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.