ビューティ情報『「保険医療」で美人に!一般皮膚科で解決できる美容トラブル4つ』

2016年7月8日 18:00

「保険医療」で美人に!一般皮膚科で解決できる美容トラブル4つ

突如として、肌荒れ、ぽつぽつ、腫れ等の違和感をお肌に覚えることはありませんか?
「どうせストレスに違いない」「季節の変わり目だ」などと思って放置をしたり、自己判断で市販薬を塗ると逆効果の場合も・・・。
そんな時は、保険診療の一般皮膚科を頼りましょう。
美容皮膚科との違いや、一般皮膚科で解決の糸口が見つかるお肌悩みを紹介します。

目次

・一般皮膚科
・美容皮膚科
・1.唇の荒れ
・2.二の腕のプツプツ
・3.背中ニキビ
・4.乾燥肌


美容皮膚科と一般皮膚科の違い

一般皮膚科

概念・・・病気を治す
費用・・・保険診療
患者さんの視点・・・病院

美容皮膚科

概念・・・きれいな肌をつくる
費用・・・自費診療
患者さんの視点・・・エステ以上整形未満

具体的に区別をするならば、上記のようになります。
では、肌荒れをしてしまったときは?
もちろん一般皮膚科です!
「皮膚科」と聞くとなんとなく美容皮膚科が頭に浮かび、敷居が高く感じてしまうかもしれませんが
風邪を引いた際に耳鼻科や内科へ行く感覚で、治療を受けられる場所になります。

一般皮膚科に行くべきトラブル

1.唇の荒れ

合わない口紅をつけたとき、唇に水膨れができること、ありませんか?
「リップクリームやヴァセリン、メンソレータムを塗って様子をみよう」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.