ビューティ情報『40代以上の女性に急増する「腱鞘炎」テーピングの「H貼り」&「手の甲マッサージ」で痛みを軽減!』

40代以上の女性に急増する「腱鞘炎」テーピングの「H貼り」&「手の甲マッサージ」で痛みを軽減!

(写真:polkadot/PIXTA)

(写真:polkadot/PIXTA)



「最近、料理中にフライパンを振っただけ、スマホでメールを打とうとしただけで肘に激痛が走る、ペットボトルの蓋を開けるのすら大変。そういえば、周りでも同じような声をよく耳にするけど……」

50代の主婦Aさんはこうつぶやく。

記者の周りでも、握力低下や腕の痛みに悩まされる更年期の女性たちが多くいる。

「近年、指や手首、肘の痛みを訴える人が急増しています。特に女性の、しかも更年期世代に目立ちます」

こう話すのは運動機能評論家でアスリートゴリラ鍼灸接骨院院長の高林孝光さん。

「この正体は腱鞘炎です。指や手首や肘に発生する腱鞘炎は、昔はピアニストや美容師、大工など手を使う職業の人に多い職業病でした。少し前は『テニス肘』と呼ばれ、腕の外側の筋肉に負担がかかることで起こる症状でしたが、スマホの普及により『スマホ肘』として知られるようになり、今では“国民病”ともいえます」

腱鞘炎とは腱を覆う腱鞘に起こる炎症のことで、強い痛みや、熱を伴う。
腱鞘はトンネル状になっていて、その中を腱が通っており、体を動かすと腱鞘の中の腱が動く仕組みになっている。

■本来なら行わない動作の繰り返しで「腱鞘炎」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.