ビューティ情報『従業員の睡眠を研修で改善 生産性の向上も ニューロスペース』

2016年12月18日 22:00

従業員の睡眠を研修で改善 生産性の向上も ニューロスペース

目次

・メンタルヘルスの向上、精神病の予防にも
・多くの業種、企業が睡眠研修を採用
・実践しやすく、従業員の生活習慣が改善
・多くの睡眠の改善や行動変容
・睡眠体験施設の運営も
従業員の睡眠を研修で改善 生産性の向上も ニューロスペース


昨今、睡眠の質への関心が高まっていますが、従業員向けに良質の睡眠をとるための研修を実施する企業がじわじわと増えています。研修を提供するのは、「眠りは技術である」をモットーに、筑波大学との産学連携で睡眠を解析し、そのスキルを伝授している株式会社ニューロスペース(東京都千代田区、代表取締役社長:小林孝徳)。

メンタルヘルスの向上、精神病の予防にも

研修会では、社員へのヒアリングを基に解析した、その企業特有の問題のある睡眠パターンを紹介し、それが起きる睡眠のメカニズムを説明。そのうえで、具体的な解決方法を示してくれます。従業員の生産性を高めるだけでなく、メンタルヘルスの向上、精神病の予防にもつながるということです。

多くの業種、企業が睡眠研修を採用

同社は2003年創業のベンチャー企業。これまでに、外食、IT、物流、鉄道、寝具など多くの業界企業が、同社の睡眠研修を採用しています。

実践しやすく、従業員の生活習慣が改善

たとえば、2006年11月に研修会を実施した株式会社クボタでは、恩加島事業センターの従業員約300名が参加=写真=。「これまで実施してきた基礎的なメンタルヘルス研修はマンネリの感があったが、今回はより具体的、実用的な内容で、実践しやすく、役に立つものが多かった。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.