ビューティ情報『あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.1-』

2018年6月21日 17:00

あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.1-

リップとチークの色を同じピンクに揃えることで、 ピュアなかわいらしさが更にアップします!

movie ② Belle de jour(昼顔 - 1967)
あのヒロインのチャーミングさを真似てみよう!フランス映画にみる、パリジェンヌのメイク -vol.1-


「パリには君を惹きつける何かがあるのか?」

「あなたの愛は、肉体の悦びとは別なのよ」

心優しい医者の夫とともに上流階級の暮らしを送りながらも、幼い頃のトラウマで夜の夫婦生活はなく、満たされない心から、昼間だけ娼婦になってしまう人妻を描いたドラマ。当時23歳だったカトリーヌ・ドヌーヴの体を張った演技が高じて、本作は1967年ヴェネツィア映画祭の最高賞を受賞。ドヌーヴにとって大女優としての第一歩となった作品でもある。また、ドヌーヴと親交のあったイヴ・サンローランが手掛けた衣装が抜群にエレガント!娼婦の館に通うドヌーヴのファッションにもぜひご注目を。

監督:ルイス・ブニュエル/出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・ソレル、ミシェル・ピコリほか

『昼顔』での役どころと、彼女のメイクとは?

裕福な身でありながら、満たされない思いを抱え、昼間だけ売春婦になるセヴリーヌ(ドヌーヴ)。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.