ビューティ情報『買い物袋を1円で回収!? 意外と知られていない【しまむら・ユニクロ・GU】のエコな活動12選』

2022年4月28日 20:45

買い物袋を1円で回収!? 意外と知られていない【しまむら・ユニクロ・GU】のエコな活動12選

ユニクロのサステナブルな活動をチェック

買い物袋を1円で回収!? 意外と知られていない【しまむら・ユニクロ・GU】のエコな活動12選


シンプルで高い機能性を持ち、質の高い服作りを目指し、長く愛用できる商品作りを目指しているユニクロ。

環境負荷に配慮した商品開発ダウンとフェザーの調達
ユニクロでは、動物に配慮した方法で育てられ採取されたダウン・フェザーを使う取り組みを進行中。水鳥が生きている状態でのダウンやフェザーの採取を禁止するなどしながら、責任ある原材料調達によって生産されたダウン製品を提供しています。

リサイクルポリエステル繊維から生まれた服の開発
飲み終わったペットボトルで生産された糸など、最新技術を使った新しい服を作っています。

ペットボトルから作られた服の代表的なものは、「ファーリーフリース フルジップジャケット」。このほかにも、「ポケッタブルUVカットパーカ」は、生地の41~54%にペットボトルを再生したリサイクルポリエステル繊維を使って作られました。廃棄物や石油資源使用量も大幅にカットした商品とのことです。

衣料品の大量生産・大量廃棄の問題に対して
ユニクロは、高機能かつシンプルでタイムレスな服作りに強みを持つブランド。見た目や機能性、価格のことだけではなく、服をつくる過程で生地をムダにしない、原材料となる資源や工場で使う水や電気をムダにしないなど、環境のことを考えた服づくりにも取り組んでいるとのこと。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.