子育て情報『赤ちゃんが夕方になると必ず大泣きするのはどうして?黄昏泣きって何?』

2019年5月21日 20:05

赤ちゃんが夕方になると必ず大泣きするのはどうして?黄昏泣きって何?

目次

・黄昏泣きとは
・黄昏泣きの原因は? いつまで続く?
・ママができる3つのこと
・たっぷり抱っこする
・場所を変えてみる
・夕方前に夜ご飯の準備を終わらせておく
夕方になると泣く赤ちゃんのイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。「夕方になるとそれまで穏やかだった赤ちゃんが急に大泣きする」という話をよく聞きます。夕方に泣かれてしまうと、夕食の準備、洗濯物の取り入れなど家事が忙しくなる時間なので、ママは困ってしまうことも多いです。

夕方になって赤ちゃんが大泣きすることを黄昏泣き(たそがれなき)、コリックという言い方をすることもあります。今回は黄昏泣きとは何なのか? 黄昏泣きするときにママができることを話します。

黄昏泣きとは

では、黄昏泣きとは何かを見てみましょう。

赤ちゃんが「泣く」には大きく分けて2つの理由があります。一つは、おなかが空いた、おむつを替えてほしい、眠いなどの「生理的な泣き」。もう一つは、人見知りや後追いなどの「心の成長による感情表現」としての泣きです。

黄昏泣きは後者に含まれます。黄昏泣きは、夕方になると起こります。それまで機嫌が良かった赤ちゃんが急に大泣きして30~40分泣き続け、いろいろ対応してもなかなか泣き止まないことを言います。全ての赤ちゃんに起こるわけではなく、黄昏泣きが起こらない赤ちゃんもいます。

黄昏泣きの原因は? いつまで続く?

黄昏泣きが多い月齢は生後2~3カ月ごろ。生後5〜6カ月ごろには自然になくなっていくと言われています。「そのうち泣かなくなるよ」と言われても、突然始まり、原因が分からず、対処方法もわからないとなるとママを悩ませてしまいます。

原因は解明されていませんが、
・おなかにガスがたまっている
・一日の疲れが夕方に出てしまった
・ママにかまってほしい
などの理由ではないかと言われています。

ただ、生理的欲求(空腹、眠い、おしっこなど)の泣き、体調が悪いときの泣き、甘え泣きなどとは違いますので赤ちゃんの様子を観察して判断しましょう。

ママができる3つのこと

では、黄昏泣きをしている赤ちゃんにママができることをお話しします。

まずは、一生懸命になって赤ちゃんを「泣き止まそう」と思わないことです。赤ちゃんが泣き出したら、まず生理的欲求の確認をして、それでも泣いている場合は「黄昏泣きの時期なんだ」と割り切ることが大切です。

そして、どうにもこうにもママが疲れてしまったら、赤ちゃんを安全な場所に安全な体勢で寝かせて、一旦そばから離れ、深呼吸するなどして気持ちをリセットしてから、赤ちゃんのそばに戻りましょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.