子育て情報『2020年こそ貯めるぞ!見落としがちな○○の削減で数十万円の節約も』

2020年こそ貯めるぞ!見落としがちな○○の削減で数十万円の節約も

目次

・家計を改善するには固定費の削減が有効
・固定費が削減できないか検討しましょう
・1. 光熱費・通信費
・2. 住宅費
・3. 保険料
・4. 定期購入
・5. 会費
2020年こそ貯めるぞ!見落としがちな○○の削減で数十万円の節約も


1月も下旬になりお正月気分も薄れてきた時期ですが、「今年こそ貯金しよう!」と考えている方もいらっしゃると思います。新年が始まる1月は家計の見直しや新たに物事を始める良いタイミングでもあります。年末年始で緩んだ財布を締めたい思う人や、家計を改善したいと考えている人はご参考にしていただければと思います。

家計を改善するには固定費の削減が有効

家計の改善をするには、日々の節約と合わせて固定費を削減することが有効であることは時々お伝えしております。また、貯金を確実にする家計の基本的な考え方は「収入」-「支出」=「貯金」ではなく、「収入」-「貯金」=「支出」にすることです。この「支出」を減らすには、日々の節約だけでなく固定費を削減することが必要です。固定費を削減することができれば、その効果は値上げやプランの変更等がない限り継続できます。

例えば、月3,000円の通信料がプラン変更や通信会社変更などで削減でき10年継続できれば36万円の節約効果となります。そのためにもできることから固定費の削減を始めてみましょう。

固定費が削減できないか検討しましょう

固定費の削減はご家庭ごとや個人ごとにできる項目は異なりますが、以下の内容が見直せないか(他社への変更、プランの見直し、解約等)検討しましょう。    

1. 光熱費・通信費

電気代、ガス代、固定電話、携帯電話、インターネット回線、プロバイダなど

最近では電気とガス、固定電話と携帯電話とインターネット回線等を組み合わせると割り引かれるプランも増えています。組み合わせのプランを利用するか、単体のプランを利用するかは料金の合計や特典などを比較すると良いでしょう。

2. 住宅費

住宅ローン<借り換え・繰り上げ返済>、家賃など

住宅ローンの借入金利は2020年1月時点で、フラット35(35年固定)で1.27%~1.94%、主な銀行の変動金利で0.399%~2.675%の範囲です。現在、住宅ローンを利用している方は現在の借入金利より1%程度下げることができれば、固定費の削減ができる可能性が高まります。

たとえば、借入額3,000万円・返済期間30年のローンを年1.0%と年2.0%の金利で比較すると、月の返済額で約15,000円、支払総額で約540万円の差となります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.