子育て情報『冬の光熱費を節約! FPが教える暖房機器の特長と補助制度について』

2020年12月25日 22:00

冬の光熱費を節約! FPが教える暖房機器の特長と補助制度について

目次

・電気暖房機器の特長と省エネの工夫
・エアコン
・ヒーター(オイルヒーター・パネルヒーター)
・電気ストーブ
・ホットカーペット
・行政からの補助制度
・東京ゼロエミポイント
・その他各自治体独自の補助制度
暖房器具のじょうずな使い方のイメージ


寒い季節になり暖房器具の使用が増える時期になりました。冷房と比較してエネルギーの消費量が多い暖房は電気料金・燃料費も大きくなる傾向にあります。

今回は、赤ちゃんや小さいお子さんのいるご家庭で多く使われる、火を使わずに電気を熱源とする暖房器具の特長と行政が実施している補助制度についてお伝えします。

電気暖房機器の特長と省エネの工夫

エアコン

部屋全体の空気の温度をコントロールする電気冷暖房機器です。火を扱う暖房と異なり、やけどの心配がないため赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭でも安全性が高いです。ファンヒーターやストーブより暖める力は弱いこともありますが、広範囲を暖めるのに向いています。

厚手・長めのカーテンの使用し、サーキュレーター・扇風機などで空気を循環すると、効率良く暖められます。また、フィルターの定期的な清掃や室外機周りにものを置かないことも省エネにつながります。

ヒーター(オイルヒーター・パネルヒーター)

エアコンと異なり風を起こさずにゆっくりと部屋を全体的に暖める機器です。オイルヒーターと言ってもオイルを燃やすのではなく、ヒーター内部のオイルを電気で暖め、機器が暖まり部屋を暖めます。パネルヒーターも似たような機器ですが、オイルではなくパネルの温度を上げ部屋を暖めます。風が出ない分乾燥しにくいのが特長です。

効率良く使うには、窓際や出入り口付近の温度が低くなりやすい場所に置くといいでしょう。

電気ストーブ

上記のエアコン・ヒーターと目的が異なり、部屋全体でなく、狭い空間をすばやく暖める機器です。カーボン、ハロゲン、石英管など発熱体を高温にするため、すぐ暖まる機器が多い反面、発熱体が高温になるので、やけどや火災には注意が必要です。

部屋全体を暖めるのには不向きですので、脱衣所、トイレ、玄関などの広くないスペースで一時的な使用に向いています。

ホットカーペット

ホットカーペットは、カーペットの中に電熱線を通し、床から暖める器具です。部屋全体を暖めるというよりは、ホットカーペット上の人を暖めます。エアコンやヒーターなどでは暖まりにくい足元を暖めるのに向いています。床に直接に敷いてしまうと熱が床に逃げて暖房効率が下がりますので、ホットカーペットの下に断熱マット・シートなどを敷くといいでしょう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.