子育て情報『断水=デリケートゾーンの憂うつ…【知ってほしい生理×震災のリアル】 #これから私は』

2021年3月27日 22:20

断水=デリケートゾーンの憂うつ…【知ってほしい生理×震災のリアル】 #これから私は

東日本大震災からまもなく10年。イラストレーターのアベナオミさんは、当時、夫と1歳7カ月の息子さんの3人で宮城県仙台市近郊の利府町で暮らしていました。被災したアベさんは震災翌日に生理に。ライフラインがストップするなかの生理で、何に困り、これからどう備えたらいいのか……。体験を綴ります。

イラストレーターのアベナオミさんは、2011年3月11日、宮城県仙台市近郊の利府町で東日本大震災を経験。当時、長男の豆キチくんは1歳7カ月でした(現在は、二男アンチョビくん、長女モナカちゃんが生まれ、3児の母)。

アベさんは、震災翌日に生理に。電気・ガス・水道といったライフラインがストップしているなか、生理ではどんなことに困り、これからどう備えたらいいのか……。あまり語られることのない「震災と生理」についてリアルな状況と、経験者だからこそ、皆さんに知っておいてほしいこと、備えておいてほしいことについて教えてくれました。

※「知ってほしい生理×震災のリアル」これまでのお話はこちら

ナプキンが…ない!家にもお店にも…

https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/18611

震災翌日、絶対に失敗できない夜…

https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/18610

震災翌日に生理に!!そんな私がみんなに知っていて欲しいこと


震災翌日に生理に!!そんな私がみんなに知っていて欲しいこと


当時、私が住んでいたエリアでは、断水が完全に復旧するのに約1カ月ほどかかりました(沿岸部はさらに長期間、断水が続きました)。そこで、生活用水を求めていった場所は……。

震災翌日に生理に!!そんな私がみんなに知っていて欲しいこと


多くの人が生活用水を求めて、川へ。川の堤防は、津波が遡上したために変色していました。津波の爪痕を目の当たりにしながら、小さなバケツで、1日に何度も、自宅と川を行ったり来たり。そして、その役割をほとんどを担っていたのは、休校中の子どもたちでした。

※遡上(そじょう)…流れをさかのぼって行くこと

この時点では、わが家は汲んできた川の水でトイレを流していました。しかし、後にトイレの汚水が沿岸部であふれるという被害が! 今では流さなくても済む非常用トイレをしっかりと備えています。

震災翌日に生理に!!そんな私がみんなに知っていて欲しいこと


生理中なのに、おふろもウォシュレットもシャワーも使えない日々。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.