子育て情報『でんぱ組古川さん、丸高さんも!出生数は最少でも、コロナ禍出産を喜ぶ声も続々!』

2021年6月12日 21:00

でんぱ組古川さん、丸高さんも!出生数は最少でも、コロナ禍出産を喜ぶ声も続々!

この記事では、2021年6月4日に厚生労働省が公表した2020年の人口動態統計月報年計(概数)と、ベビーカレンダーがおこなったアンケート結果について紹介しています。

目次

・出生数は減ったものの政府の予想より上回る結果に
・コロナ禍は出生数に影響していない!?
・コロナ禍で妊娠・出産した芸能人の声
・サッカー選手の柿谷曜一朗さんを夫にもつタレント丸高愛実さん
・現役アイドル「でんぱ組.inc」のメンバー古川未鈴さん
・漫画家でありタレント活動もしている浜田ブリトニーさん
・お笑いコンビ ニッチェの江上敬子さん
・関連動画出産ドキュメンタリー


妊婦さんと夫


出生数は減ったものの政府の予想より上回る結果に

6月4日、厚生労働省は2020年の人口動態統計月報年計(概数)を公表しました。それによると2020年の出生数は84万832人。前年(2019年)の86万5,239人より2万4,407人減少し、約2.8%の減少率となりました。

2019年は出生数が初めて90万人を割り、「86万ショック」とも言われ、危機的な状況だと言われました。2020年はコロナ禍に加え、さらに出生数が減ったことからさらに危機感が高まっています。

しかし、内閣府が公表している平成27(2015)年版の高齢社会白書の「出生数及び死亡数の将来推計」では2020年の出生数の予測は83万6,000人とされており、それと比較すると上回っている状況です。また、2018年から2019年の減少率が5.8%だったことと比較すると、大幅な減少とは言えず、2020の時点では新型コロナウイルスの影響が出生数に出ているとは言えない状況のようです。

コロナ禍は出生数に影響していない!?

syussei3


ベビーカレンダーが2020年5月23日(土)〜5月24日(日)におこなった調査によると、第2子を希望していた人の中で妊娠を希望していた時期から、延期をしていないと答えた方は155人(73.5%)でした。

syussei3


2021年1月28日(木)~2021年2月3日(水)におこなったアンケートで2020年に出産した決め手は、回答の多かったものから

・「赤ちゃんを希望していて授かったから、自然にまかせていたから」382人(59.7%)

・「夫婦の年齢的によいタイミングだったから」196人(30.6%)
・「きょうだいと年の差や学年差を考えて」149人(23.3%)

となっていました。

以降、「不妊治療をしていて、授かったから」が131人(20.5%)、「赤ちゃんを予定していなかったが授かったため」が94人(14.7%)、「仕事上、よいタイミングだったから」が73人(11.4%)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.