子育て情報『<フリーアナウンサー天明麻衣子さん独占取材#2>妊娠中に大学院を受験!超多忙な日々の乗り越え方とは』

<フリーアナウンサー天明麻衣子さん独占取材#2>妊娠中に大学院を受験!超多忙な日々の乗り越え方とは

目次

・コロナ禍の妊娠は、思ったほどデメリットはないと感じた
・妊娠中に受験! 合間に健診へ行き、さらにお仕事と多忙な日々
・PROFILE:天明麻衣子さん
天明麻衣子さんインタビュー


天明麻衣子さんは東京大学文学部を卒業後、NHK仙台放送局契約キャスターとして活躍。スペインに1年弱移住しながら、一般企業勤務を経て2014年に結婚。帰国後はフリーアナウンサーとして幅広い活躍をおこなっています。また、2021年の4月からは東京大学の大学院に入学し、現在は第一子を妊娠中。7月にご出産を控えています。

前回は、ご自身の妊娠や不妊治療について伺いました。今回はコロナ禍の妊娠についてや、妊娠中に東大の大学院院を受験したときのお話などを取材させていただいています。また、現在妊娠中でありながら、大学院に通っているという天明さん。コロナ禍のリモート大学院生活についても、いろいろとお話ししてくださいました!

コロナ禍の妊娠は、思ったほどデメリットはないと感じた

天明麻衣子さん

画像出典:天明麻衣子さんのInstagramより

ー妊娠が分かってから、気を付けていたことは何かありますか?

天明さん:朝早い番組を担当していたこともあり、睡眠時間がわりと短くていつも5時間くらいしか寝られていなかったんですけど、なるべく6時間弱くらいは寝られるように工夫したりしていました。あとは、年末年始の時期だったので、食べすぎて体重を増やしすぎないように気を付けていました(笑)。

ー妊娠が分かってから、パパがサポートしてくれていると感じることは何かありましたか?

天明さん:重い物を持ってくれたり、家事をやってくれたりとか。あとは、私自身が結構階段とかで転びやすいんですけど、一緒にいるときには注意を促してくれたりするなど、物理的な面でサポートしてくれています。

ー天明さんご自身は妊娠してから、心境の変化などはありましたか?

天明さん:安定期に入るまでは、健診のペースとかも間隔が空いていたりとかして、普段あんまり意識することはなかったですね。ただ、安定期に入ってくると健診のペースも短くなったりとか、おなかのなかで赤ちゃんが動いたりすると、「あぁ、自分のなかに赤ちゃんがいるんだな」と実感するようになりました。 

ー天明さんの場合ですが、不妊治療をされていたタイミングがコロナ禍と重なったという認識で合っていますか?

天明さん:そうですね。自分の年齢を考えて治療に取り組んでいたタイミングが、たまたまコロナ禍であったという感じです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.