子育て情報『「早く買えばよかった…」鼻水吸引器は安いものでOKと思いきや…何度も買い替えるハメに!?』

2021年10月21日 21:00

「早く買えばよかった…」鼻水吸引器は安いものでOKと思いきや…何度も買い替えるハメに!?

出産準備中、用意しておいたほうがいいアイテムで先輩ママ友から聞いていたものの1つが「鼻水吸引器」。聞くと、医療用の大きな鼻水吸引器を持っているママ友が大多数でした。そんなに便利な物なのかと、関心を持って調べるとかなり高価! 出産準備に出費が重なっていたので、すぐに使うかわからないものは後回しにすることに。しかし育児を始めるとすぐに鼻水吸引器の必要性を実感し、購入を決意したのですが……。

目次

・ついに鼻水吸引器が必要!?
・繰り返す鼻風邪に電動の鼻水吸引器
・2人育児と中耳炎でついに購入を決意!
・著者:三宅ちよこ


「早く買えばよかった…」鼻水吸引器は安いものでOKと思いきや…何度も買い替えるハメに!?


ついに鼻水吸引器が必要!?

鼻水吸引器を買わずに育児をすること半年、赤ちゃんに鼻水が! ガーゼなどで拭き取りましたが、奥まで取れていない感じがして困っていました。そこで思い出したのが、ママ友がおすすめしていた鼻水吸引器。ネットでしか購入できず、届くのは早くて翌日。

すぐに必要だったので、近所のドラッグストアに売っているスポイト式の物を購入しました。数百円のその商品は手動の簡易的なものでしたが、十分対応できました。高価な鼻水吸引器でなくても大丈夫じゃん!と感じていたのですが……。

繰り返す鼻風邪に電動の鼻水吸引器

わが子が1歳になるまで鼻水吸引器の必要性を感じず過ごしていました。子どもが生まれて2度目の冬、保育園に通い出した1歳のわが子は何度も鼻風邪を繰り返し、綿棒とスポイトの吸引器では追いつかなくなり、電動の鼻水吸引器の購入を検討。しかしやはり値段が高い……。

そのため、電動のなかでも電池式のコンパクトな物で比較的安価な鼻水吸引器を導入しました! 電動はやはりラクで「早く買えばよかった! それに高価なものでなくても十分吸えている」と感じていました。

2人育児と中耳炎でついに購入を決意!

その後、子どもが2人になり、鼻風邪をひく頻度が上がりました。ある日なかなか鼻水が止まらないので耳鼻科に通院すると、上の子が中耳炎になってしまいました。 耳鼻科医のアドバイスによると、鼻水吸引器でこまめに汚い鼻水を取ってあげることが唯一の予防だということ。電池式の鼻水吸引器では奥まで吸えていなかったのだと気づきました。

そしてついに、医師からすすめられた大きな電源式の鼻水吸引器「メルシーポット」を購入することに。 価格は1万円以上しましたが、電動の鼻水吸引器の吸引力は電池式のものと比べると強く、あっという間に鼻水を吸い取ってくれました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.