子育て情報『「ごめんなさい、ごめんなさい⋯」怒り爆発の私に謝り続ける息子。驚愕の事実を知り私は大後悔…』

2022年5月4日 21:00

「ごめんなさい、ごめんなさい⋯」怒り爆発の私に謝り続ける息子。驚愕の事実を知り私は大後悔…

私の住む地域では入園前におむつがはずれていなければならない園が多いことを知りました。息子は1歳半ごろからトイレトレーニングを始めていましたが、3歳前になってもまったくおむつがはずれる気配がありません。そこで強制的なおむつはずしに出ましたが、なかなかうまくいかない日々。ある日、私の怒りは爆発してしまいました。しかし、うまくいかないのには理由があることを知って今は怒ったことを後悔しています……。

目次

・夏に家の中でおむつを強制的に外した
・日中はおむつからおむつパッドに変更
・ショッピングモールのトイレで怒りが爆発
・理由があったことを知って…
・著者:大井絵衣


泣いている男の子イメージ


夏に家の中でおむつを強制的に外した

1歳半ごろからトイレトレーニングをしていましたが、3歳前になってもおむつがとれる様子のなかった息子。ネットの体験談や友人から、「夏は室内で何もつけないでいるといい。部屋の中でおもらしはしてしまうけれど、子ども自身それが嫌で1カ月でおむつはずれができるようになる」というアドバイスがあり、3歳前の夏ごろそれを決行しました。

おむつもズボンもはかないことに対してはなんの抵抗も見せず、むしろ快適そうに過ごしていた息子でしたが、アドバイスとは裏腹に、2週間経っても3週間経っても自らトイレに行くことが成功することはなく、リビングでおもらしをしてしまうという日々が続きました。

日中はおむつからおむつパッドに変更

家でのおもらしがまったくなくならないまま2カ月が過ぎたころ、少し肌寒くなってきました。そこで、何もはかないトレーニングは諦めて、おむつからおむつパッドに切り替えました。おむつパッドはおむつと違って、1回おしっこやうんちをしただけで子どもが不快感をおぼえると友人から聞いたからです。

トイレに行くことを促されると、タイミングが合えばトイレでおしっこやうんちをすることができるようにはなってはいましたが、自分ではタイミングが掴めていなかった息子。おむつパッドからおしっこが染み出すことが多々ありました。そうこうしているうちに、気づけばおむつはずれに1年以上かかっていました。私はストレスが溜まっていき、息子の失敗を責める回数も増えていきました。

ショッピングモールのトイレで怒りが爆発

ある日ショッピングモール内で、おむつパッドからおしっこが染み出していることがわかり、急いでトイレに駆け込みました。1年以上のおむつはずれの失敗の日々にストレスが頂点に達していた私は、「なんでできないの! なんでわからないの!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.