子育て情報『感動の大賞受賞エピソード!被災地の方々の温かさに触れて…ママが子の名前に込めた思いとは?』

感動の大賞受賞エピソード!被災地の方々の温かさに触れて…ママが子の名前に込めた思いとは?

ベビーカレンダー恒例の人気企画「赤ちゃんの名づけエピソードキャンペーン」。2021年も新型コロナウイルスの影響で不安な思いをしたママ・パパも多かったと思います。そんななか、今年もたくさんのママ・パパから心温まる名づけエピソードが集まりました。ご応募いただいた皆さん、ありがとうございました!

みごと2021年の「名づけエピソード大賞」に輝いたエピソードを、ベビーカレンダーで人気マンガ家・こちょれーとさんがマンガ化!

応募いただいたエピソードと共にご覧ください。

※震災についての描写が含まれております。

目次

・パパとママの出会いは被災地支援
・地域の人の温かさに触れて…


2021年赤ちゃんの名づけエピソード大賞


2021年赤ちゃんの名づけエピソード大賞


パパとママの出会いは被災地支援

私と夫の出会いは、東日本大震災の被災地支援の仕事場でした。

県外から来た者同士、はじめは仕事の話や新しい環境でお互い頑張ろうと同志のような気持ちで接するうちに、仲よくなり付き合うことになりました。
仕事は2年目になり、半同棲生活のなかで妊娠が発覚し、入籍することに。

コロナ禍で式や披露宴はできず、新婚旅行も行っていませんが、日に日に大きくなるおなかに楽しさがいっぱいでした。おなかの息子も、妊婦健診の度にお股を大きく広げてくれて「男の子だよ!」のアピールがすごかったです。

名前は生まれてから決めればいいやと思っている私に対し、ネットや名づけサイトであれこれ検索する夫。夫があれは?これは?と案を出してきても、どれもしっくりこない私。妊娠後期にはついに夫から「考えてよ!」と言われてしまいました。

しかし実は、私にはずっと前から考えていた名前がありました。

地域の人の温かさに触れて…

10年前にたくさんの人が命を落とした震災。私の息子は、たくさんの人の人生や考え方が大きく変えられ、影響を受けた被災地で夫と出会い、授かった新しい命でした。

本来なら辞めなければいけない支援の仕事も、周りのご好意もあって産休直前まで働かせてもらい、勤務最終日にはたくさんのお礼をしてもらいました。 

職場には、震災で悲しく辛い思いをした人がたくさんいるなか、「この場所があなたにとって、出会いとご縁に繋がったならとてもうれしい」とまで言ってもらいました。なので私は、甚大な津波被害を受けた海沿いの街で、大きな意味の持つ「みなと」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.