子育て情報『ミルクの授乳がラクになる!手際よく粉ミルクを作ってあげる方法』

ミルクの授乳がラクになる!手際よく粉ミルクを作ってあげる方法

目次

・ミルクを作るときは専用グッズを用意する
・煮沸消毒の場合
・薬液消毒の場合
・基本の粉ミルクの作り方
・粉ミルクを調乳するときの注意点
・粉ミルクを手際よくあげるコツ
赤ちゃんにミルクをあげるママ


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士の中田さんからメッセージです。

こんにちは、保育士の中田馨です。母乳が出ないときや、ママがいないときに大活躍する粉ミルクですが、もっとラクに作ることができたらと思ったことがあるのではないでしょうか。私自身、仕事で調乳する機会も多く、自身の子どもを育てるときも粉ミルクには助けてもらいました。

今日は、粉ミルクを手際よくあげるラクテクをお話しします!

ミルクを作るときは専用グッズを用意する

ミルクを作るときは専用グッズを用意しておくと、衛生的にスムーズに作ることができます。また、器具を洗浄・消毒するものも必要です。こちらもミルク専用のものを用意するとスムーズになります。

例えば、哺乳瓶の底に粉ミルクが固まって洗い残してしまうと、そのかたまりから雑菌が繁殖することもあります。哺乳瓶の奥まで洗える棒の先にブラシがついている「哺乳瓶用ブラシ」があると便利です。

消毒方法によって必要なものも変わりますので、それぞれお伝えします。

煮沸消毒の場合

煮沸消毒は、たっぷりの水を沸騰させた鍋の中に、乳首は3分程度、哺乳瓶は10分程度煮沸します。煮沸消毒に用意するものは、大きな鍋、哺乳瓶をお湯から取るトング、哺乳瓶を乾かすときの洗いかごです。

薬液消毒の場合

薬液消毒は専用の消毒液を作り、指定の時間、哺乳瓶をつけおきします。薬液消毒に用意するものは、哺乳瓶がつかる大きな容器、トングなどです。

基本の粉ミルクの作り方

【1】哺乳瓶に粉ミルクを入れる
専用スプーンに必要量の粉ミルクをすくってすり切って哺乳瓶に入れます。

【2】お湯を入れる
一度沸騰させ、少し冷ましたお湯(70℃以上)をできあがり量の2/3入れます。乳首とカバーをつけて哺乳瓶をふって粉が溶けたら、残りの1/3を入れ混ぜます。この時に粉ミルクが泡立っている場合、出来上がり量は泡の下で合わせます。熱いお湯を使うので、やけどに注意しましょう。

【3】人肌まで冷ます
ミルクは、人肌まで冷まします。流水で冷やしていると哺乳瓶だけが冷えて、まだ中のミルクが熱かったということもあります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.