子育て情報『#19 清水の舞台から、嵐の中へダイブ!』

#19 清水の舞台から、嵐の中へダイブ!

2018年8月4日 19:00
 

#19 清水の舞台から、嵐の中へダイブ!


画像: #19 清水の舞台から、嵐の中へダイブ!


ド直球と爆弾の沸点

さて、前回は麻ちゃんとの出会いのお話でしたが、その後すぐに “どうにかなった” わけではなく、しばらく “それきり” でした。会いたい気持ちと、会うのが怖い気持ち。もし麻ちゃんを好きになってしまったら?私は、自分のセクシャリティと本格的に向き合わなければなりません。

それは果たして“正しいこと”なのか?

そして自分が“乗り越えられること”なのか?

判断を迫られるのです。
そもそも “ありのままの自分なんてものが、存在するのか?” という問い。みんな多かれ少なかれ、世の中に合わせて生きているのだから、“我慢すべきことじゃないのか?” という問いも……。そんな思いが胸の中でぐるぐる回っていました。

麻ちゃんと、何度かのメールのやり取りの後、軽くお茶でもしましょう、という話になりました。
絶賛 “孤育て” 中だった私は、もちろん子ども連れ。その日は大雨で、ベビーカーにレインカバーを掛け、ビショビショになりながらの外出でした。子どもが生まれてから、ついぞ行くことのなかったカフェで待っていると、ツートンカラーが進行し、毛先だけが銀髪の麻ちゃんが現れました。

照れ臭いやら、緊張するやらで、ぎこちなく話し始めたものの、子どもがいては雰囲気も何もあったものじゃありません。でも、子ども好きな麻ちゃんは、苦にしないどころか、むしろ子どもに夢中。私など眼中にない様子で、「子連れは嫌がられるかな……」と思っていただけに、逆に救われた思いでした。これって、どういうことなの?

私は基本的に鈍く、不粋なもので、色恋の駆け引きというものができません。はっきりと言われないと分からない女なのです。そこで「ココは聞くしかない!」と、こんな球を投げてみました。

「私、あなたのことが好きなんだけど、私のこと、好き?付き合ってもいいと思う?」

ド直球、ストレート!こんな聞き方、普通はないですよね。アホでしょうか?しかし、それに対する麻ちゃんの回答は、極めて殺傷力の高い “爆弾” でした。

「うーん、好きかと言われたら、まだ好きじゃないかなー」
そう淡々と言いました。さらに続けて、こう言ったのです。

「あと、ついでに “好き” とか言うのはさ、一生に3回くらいなものだよ。最初と、死ぬ時と、あともう1回くらい」

なんなのでしょうか?“脈アリ?” と期待する女心を瞬間冷凍して、なんなら釘でも打とうか、というご回答。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.