子育て情報『《国際結婚ママ必見!》一筋縄ではいかない、我が家のグローバルな名付け事情』

2018年2月11日 14:00

《国際結婚ママ必見!》一筋縄ではいかない、我が家のグローバルな名付け事情

赤ちゃんの名付けは、出産後のワクワクイベント!

みなさん、こんにちは。ロシアンハーフ子育てに奮闘中の室伏真由子です。

先日、古くからの友人が出産を終え、可愛い赤ちゃんの写真が送られてきました。出産前のお腹が大きいときにも、その友人と会っていたので、とても嬉しかったと同時に母子共に健康でほっと一安心しました。

その次にやっぱり気になるのは、「どういう名前にしたの?」ということ。「こういう漢字で〜」とか「お父さんの字をひとつ取って~」など、名付けの経緯を聞きながら、ワイワイ大盛り上がり!新しく生まれてきた赤ちゃんの名前には、ママになった友人の愛情が沢山詰まっていて本当に素敵だなとしみじみと感じました。

今回のテーマは「我が家の名付け事情」ということで、私たち家族がどうやって息子“ニコライ”の名前を決めたのか、そして海外の名付け事情もちょっぴり紹介したいと思います!

目次

・赤ちゃんの名付けは、出産後のワクワクイベント!
・名付けの前に悩んだのは、苗字! 夫婦別姓の我が家の場合
・ロシアの風習「父姓」をミドルネームに!
・日本名かロシア名、どちらにするのか
・息子は、超シワシワネーム!?笑
《国際結婚ママ必見!》一筋縄ではいかない、我が家のグローバルな名付け事情

名付けの前に悩んだのは、苗字! 夫婦別姓の我が家の場合

まず、主人と私が悩んだのは、名前ではなく苗字でした。

というのも、私たち夫婦は別姓で(日本では外国人との婚姻でのみ、夫婦別姓が許されています)、私の「室伏」という苗字と主人の「リアザノフ」という苗字、どちらを取るかという問題がありました。なぜ別姓にしたのかは、ここでは割愛しますが、結局のところ息子には私の苗字「室伏」を継いでもらうことにしました。

どうしてかというと、日本では学校や社会で苗字を使う機会が多かったり、印鑑を使用したりするので、日本の苗字を持つことの方がメリットが多かったからです。

なにより、日本は名前よりも苗字で呼ばれることのほうが圧倒的に多い国。日本の苗字を持っていることで、髪色の違うハーフであっても、周囲から親しみを持って接してもらえると思ったのです。

ただ、ロシアに帰省する際に困らないように、パスポートにはロシアの苗字も併記しています。

《国際結婚ママ必見!》一筋縄ではいかない、我が家のグローバルな名付け事情

ロシアの風習「父姓」をミドルネームに!

息子には日本の苗字、と決めた後は、ロシアの慣習から「父姓」をミドルネームとしてつけることに決めました。

これは、お父さんの名前から付けられると決まっていて、ロシアでは公共の場で「◯◯さん」と呼ぶときに「名前+父姓」という形がよく使われます。例えば、ニコライのお父さん=私の主人の名前は「セルゲイ」というので、息子ニコライの父姓は「セルゲーヴィチ」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.