2019年7月31日 12:00|ウーマンエキサイト

「ワンオペいたしません!」宣言が、子どもの考える力を伸ばす鍵となる【ボーク重子の世界基準の子育て 第2回】

ボーク重子の世界基準の子育て

ボーク重子の世界基準の子育て

『「グローバル社会」と聞くと「子どもまだ小さいし、ウチには関係ないわ」と思う方もいるかもしれません。でも実は、今の日本はすでに立派なグローバル社会なんですよ』と語るのは、「全米最優秀女子高生」コンテ…

「ワンオペいたしません!」宣言が、子どもの考える力を伸ばす鍵となる【ボーク重子の世界基準の子育て 第2回】

© paylessimages - stock.adobe.com


「子どもの言うことを親がジャッジしてしまうと、子どもは『親にとって正しい答え』を言おうとするようになり、自分で考えることをしなくなる」と話すボーク重子さん

一人娘スカイさんが「全米最優秀女子高生」コンテストで優勝し、さらに自身も2004年に念願のアジア現代アートギャラリーをオープンさせ、現在では子育て、キャリア構築、ワークライフバランスについての講演会やワークショップを展開しているボークさんに、現在の日本の育児の現状についてもお話をうかがいました。

前回、ボークさんは「グローバル社会で生き抜くスキルをつけるために、家庭での対話が重要」とお聞きしました。そこで重要となってくるパパとママの対話についてお話をお聞きします。

さらに日本で問題となっているのが「ワンオペ育児」の状況。日本のママが直面する問題にボークさんは、「いたしません!」宣言というポジティブなメッセージをママに贈ってくれました。
「英語できない親でも、グローバル時代を生き抜く力を育てられる!」


■「パパとママの会話が子どもの手本になる!

「ワンオペいたしません!」宣言が、子どもの考える力を伸ばす鍵となる【ボーク重子の世界基準の子育て 第2回】

「家で何を話してもいいと思えない子どもは、『親に好かれよう』として自分を見失ってしまいます。そうすると自分が何が好きで何が楽しいかといった主体性が育まれなくなってしまいます」(ボーク重子さん)


――子どもが自分の意見を表に出せるようにするためには、何が大切なのでしょうか?

ボークさん:子どもの対話力をあげるには、大人が手本になるのもいい方法です。子どもにとって、一番身近な存在は、パパとママ。家族というのは最小にして最強のコミュニティですから、ここでも否定から入ってはいけません。

「この材料で、カレーしかメニューが思い浮かばないなんて!」という批判的な対応だと、親の顔色を見て、ウケのいい答えを言おうとしてしまいます(※)。
※リベラルアーツ的思考力の素地を作るためには、家庭での毎日の会話で十分にできるとボークさんは語ります。たとえば晩ご飯のメニュー決め。ただ子どもの意見に対して親がジャッジしてはいけないと話します。


――大人にとって都合のいいことや気にいることを言ってくれる子のほうが、大人はラクだから「いい子」だと思いがちですよね。

ボークさん:都合のいいことも、悪いことも、まずは否定しないことが大切です。そして、それを夫婦のやりとりで、見せてあげれば、子どもは安心します。

冷蔵庫の材料を伝えて、パパも一所懸命考えて答える。ママも受け止める。そのような親のやり取りを見て、子どもは自然と学びます。

パパが「肉じゃがができるね。今日は肉じゃがが食べたいな」と言ったとき、ママが面倒臭く感じても、即座に「え? 肉じゃが? じゃあ、自分で作れば?」というような反応ではなく(笑)、「たしかに肉じゃがも作れる材料だね。でも、今日は、ちょっと煮物を作る時間が足りないから、この材料を小さく切ってカレーにしようか?」などと返せばいいのです。

「否定されない」、「受け止めてもらえる」、という見本をぜひ、ご夫婦でも見せてあげてください。

「安全でない」と子どもが感じると、子どもは自分を見失い始めます。大人が求める答えをしてしまうのです。そうすると、自己肯定感は下がります

■「ママはどれだけやるか?」ではなく、「どれだけやらないか」

「ワンオペいたしません!」宣言が、子どもの考える力を伸ばす鍵となる【ボーク重子の世界基準の子育て 第2回】

© hanack - stock.adobe.com


――「ワンオペ育児」が多い日本だと、夫婦の会話を子どもに見せる機会自体が少ないご家庭もありそうです。

ボークさん:私は「ワンオペ育児」という言葉を知ったときに、とんでもないことだと思いました。驚きとショックでプルプルしてしまったほどに。日本の女性は有能なので、やれば、ほとんどのことができてしまうんですよね。だから、ワンオペ育児もやろうと思えばできてしまう。

――たとえ「ワンオペ育児」でなくても、育児中のワーママは、やることがたくさんありすぎて、あらたに何かを始めることが大変だと感じてしまうかもしれません。

ボークさん:やることがたくさんありすぎて、それを整理するために、to doリストを作る方もいるかもしれませんが、to doリストは、達成感をもたらしてくれるけれど、疲れも持ってきます。だって「やらないといけないこと」が書き連ねてあるのですから。

だからto doリストを見直してみてください。本当にやらなければならないこと、その中に、いくつありますか? 仕事、家事、育児、全力投球を3つもしなければならないなんて、無理です。

to doリストを作ったら、作った端から消してしまいましょう(笑)。

料理、洗濯、掃除……すべてを納得のいくまで行うなんて無理なのです。

家族のために、子どものために、食卓においしそうな料理を並べたいと思う気持ちに嘘はなくても、美しい料理を作るためにママの笑顔が消えてしまったら、本末転倒。「買ってきたけれどおいしそうでしょ?」ってママが笑って言うほうがよっぽど、子どもはうれしいものです。
「ワンオペいたしません!」宣言が、子どもの考える力を伸ばす鍵となる【ボーク重子の世界基準の子育て 第2回】

© Monet - stock.adobe.com



TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツの更新通知を受けよう!
確認中
TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツの更新通知が届きます!
フォロー中
TOKYOドーナツ
TOKYOドーナツの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.