2019年9月29日 12:00|ウーマンエキサイト

マザーズリュックでアクティブに。選び方やおすすめについて紹介

数あるマザーズバッグの中でも『マザーズリュック』は、両手があいて、子どもとの外出に便利です。おしゃれな見た目はもちろん、収納力も高く初めての人にも使いやすいでしょう。マザーズリュックを選ぶときのポイントやおすすめのブランドを紹介します。

マザーズリュックのメリット

目次

・マザーズリュックのメリット
・マザーズリュックのデメリット
・リュック型はどんなときにおすすめ?
・かわいい物?軽い物?選び方のポイント
・おすすめのマザーズリュック4選
・手をつないでくれる間は両手をあけておこう
マザーズリュックでアクティブに。選び方やおすすめについて紹介

マザーズバッグにはさまざまな種類があり、どれにするか迷っている人も多いのではないでしょうか?そんなときは、初めての人にも使いやすい『マザーズリュック』がおすすめです。さっそくメリットをチェックしてみましょう。

両手があくところが便利


マザーズリュックのメリットは、何といっても『両手があく』点です。

背中で荷物を抱えられるため、子どもと手をつなげることはもちろん、ぐずったときには抱っこがしやすいバッグです。

また、子どもは何かと動き回るため、急いで後を追いかける機会も多くなりますよね。そのような場合でも、マザーズリュックであれば体を動かしやすく、すぐに対応できることもうれしいポイントです。

肩こり軽減にもつながる


マザーズバッグの中には、子どものオムツや着替え・哺乳瓶に離乳食セットなど、たくさんの荷物を詰めるため、どうしてもバッグが重たくなってしまします。

こうした重さのあるバッグを片方の肩だけで支えるのは大変ですが、リュックのように両肩で均等に重さをかけられれば、肩こりなど体の負担を軽減できますよ。

外出時以外にも常に赤ちゃんを抱っこしたり、家事をしたりと、産後もママの体には何かと負荷がかかりやすいため、リュックのように肩こりや体の痛みを和らげられるようなバッグを選びましょう。

マザーズリュックのデメリット

マザーズリュックでアクティブに。選び方やおすすめについて紹介

たくさんのメリットがあるマザーズリュックですが、いくつか注意点があります。メリットとデメリットをそれぞれ理解し、自分に合ったマザーズリュックを選びましょう。

選び方に失敗すると物が取り出しにくい


主流のトートバッグタイプと比べると、リュックタイプは『荷物が取り出しにくい』点があげられます。

背中で荷物を支えられることはマザーズリュックの利点でもありますが、必要な物を取り出すためには、1度リュックを下ろす必要があります。

また、中身の仕切りが少ない場合には必要な物が底にもぐりこんでしまったり、探しづらかったりするため、すぐに物を取り出したいときには不便に感じるでしょう。

ファスナーの開け閉めが面倒


基本的にリュックの開け閉めはファスナー式であることが多いため、急いでいるときには面倒だと感じる人もいるでしょう。

子どもがどこかに走って行ってしまったとしても、収納力のあるマザーズリュックだからこそ、ファスナーをしっかり閉めなければリュックの中身が外にこぼれ落ちてしまいます。

使用頻度の高いウェットシートや水筒・財布にキーケースなどは、外側のポケットを使ってみたり、ウエストポーチや小さめのトートバッグを併用したりしてみましょう。

リュック型はどんなときにおすすめ?

マザーズリュックでアクティブに。選び方やおすすめについて紹介

数あるマザーズバッグの中でも『マザーズリュック』が使いやすいのは、どのような場面なのでしょうか?

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.