2020年5月28日 08:00|ウーマンエキサイト

昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(3歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

子どもができてから、自分が子どものときのことをよく思い出します。

中でも、よく思い出すようになったのは、自分の反抗期のこと。

私の反抗期がもっともひどかったと自覚しているのは中2のころ。

■親から言われるすべての言葉にイライラして怒鳴っていた

昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】
親から言われる、すべての言葉にイライラし、「ごはんできたよ」と声をかけられるだけで「うるさい!」と怒鳴っていました。

親と行動するのが恥ずかしく、外食に行くというときは、一人留守番するのが当たり前でした。

昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】
当時、私の家はとても狭く、親の声が聞こえない、目が届かない場所がありませんでした。

一人部屋なんてもちろんなく、4歳年上の兄と共同で、4〜5畳の部屋を使っていました。

ドアはふすまで、家族スペースがすぐそばにあるため、声は丸聞こえ。

昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】
家の中には、完全に一人になれるスペースがなく、息苦しくて仕方がありませんでした。

塾が終わった後、家にすぐ帰りたくなくて、いろいろ寄り道をし、

昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】
22時過ぎに帰宅して、心配した親が探しに来て、怒鳴られたこともありました。昔の自分を思い出すといまから恐怖! 「わが子の反抗期」のために準備したこと【うちの家族、個性の塊です Vol.42】

SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.