2020年6月11日 09:00|ウーマンエキサイト

自粛生活中に息子がケガ! 骨折でも打撲でもない意外なケガとは!?【後編】【うちの家族、個性の塊です Vol.44】

SAKURA
ライター
SAKURA
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
うちの家族、個性の塊です

うちの家族、個性の塊です

夫と、娘(8歳)と、息子(3歳)の4人家族。広汎性発達障害と診断された長女と、夫、息子、私たち家族の面白おかしい日々を綴るコミックエッセイ。笑いとネタの絶えない毎日です。

前回の続きです。

左腕を痛がる息子を、救急病院に連れてきた私たち。

患者さんが少なかったこともあって、比較的順番は早く回ってきました。

診察室に待っていたのは、整形外科の先生。

私は、息子の状況を説明しました。

すると先生は…

「ハイタッチしよう!」と息子に手を伸ばしました
「ハイタッチしよう!」と息子に手を伸ばしました。

息子は右手でハイタッチをしました。

「こっちの手でも、できる?」と先生が聞きましたが、息子は「いやだ」といって左手をだらんと下げたまま、動かしませんでした。

先生は、息子の身体に触れずにじーっと左腕を見つめ、

自粛生活中に息子がケガ! 骨折でも打撲でもない意外なケガとは!?【後編】【うちの家族、個性の塊です Vol.44】
と、私に息子の体をおさえるように言いました。

そして息子の左腕を曲げ、右左右左と動かすと…

『ポキッ』と音が!
『ポキッ』と音が!

「はい! いま、音なったから大丈夫!」と言われ、待合で待機するように言われました。

10分ほど待合で待っていると、先生がやってきて、もう一度「ハイタッチしよう!」と言いました。

息子は、痛がることなく、左手をあげ、ハイタッチをしました。息子は、痛がることなく、左手をあげ、ハイタッチをしました

SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
SAKURA
SAKURAをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
SAKURA
SAKURAの更新通知が届きます!
フォロー中
SAKURA
SAKURAの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.