子育て情報『子どもと行きたい「高尾山」おすすめのルートやみどころは?』

子どもと行きたい「高尾山」おすすめのルートやみどころは?

2018年4月14日 12:29
 

目次

・高尾山の人気の理由
・子連れで行くなら1号路がオススメ!
・子どものモチベーションをアップさせる方法!
・「高尾山」4月のオススメの景色
・下山は吊り橋コース、4号路に挑戦!
3da396f5274cc649fc11e76a81940f0a_s

2007年にミシュランの三つ星に指定された「高尾山」。交通の便が良く、見所も多いのが人気の秘密です。ケーブルカーやリフトがあるので、初めての登山に最適。我が家には、現在小学校3年生、2年生、1年生の子どもがいるのですが、三女が1歳になるころから、家族全員で半年に1回は高尾山を訪れています。今回は、春の高尾山の楽しみ方や、子どもと行く登山のポイントなどを紹介します。

高尾山の人気の理由

高尾山の人気の理由は5つ挙げられます。
・都心からのアクセス抜群!
・ケーブルカー、リフトを使って頂上まで行ける
・薬王院などのパワースポット巡りができる
・1号路から6号路まで難易度が選べて、四季折々楽しめる景色も異なる
・とろろそば、天狗焼き、お団子などのグルメスポットやお土産屋さんが多い
・道が塗装されていて歩きやすい。1号路なら、ベビーカーでも登山可能!

子連れで行くなら1号路がオススメ!

1号路は、薬王院があるルートで、全長3.8km。途中までケーブルカーを使うこともできますし、ケーブルカーを使えば、山頂まで1時間で登ることができます。道が舗装されているので、初心者の方も、子どもも安心して登ることができます。途中にサル園もあるので、子どもはとても喜びます。コース上にはトイレが8カ所あり、お茶屋さんは3カ所。授乳スペースはないので、乳児を連れていく場合は、ほ乳瓶やケープを持って行った方がいいでしょう。
登り始める前に必ずしておきたいこととして、出発地点でトイレの場所を確認し、必ずお手洗いを済ませてから登り始めるようにしましょう。

子どものモチベーションをアップさせる方法!

子どものモチベーションアップとして、山頂にゴールしたら、ご褒美にソフトクリームを食べるのもオススメです!また、山頂には「高尾ビジターセンター」という、展示物やイベントを通じて高尾の自然や歴史を分かりやすく紹介してくれる施設もあります。無料なのでお財布にも優しいです。我が家の子どもたちはビジターセンターが大好きで、山頂に着くと必ず利用しています。

そしてこの春の注目スポットが、「高尾山スミカ」です!
4月1日に、ケーブルカー高尾山駅前にオープンしたばかりのコンセプトショップです。1階には、名物の「天狗焼」(1個130円で、外はカリッ、中はもちもち。黒豆あんが入っています)や、オリジナル商品(1本1本手作りされた種類豊富なオリジナルこけし)、
地元の物産品を集めたお土産コーナー、おそば屋さんがあります。2階には、カフェ「スミカキッチン」があります。おしゃれな洋食とコーヒーが味わえ、登山途中の休憩にはぴったりの場所。「高尾山スミカ」の名前の由来は、「天狗の住処(すみか)」からきているそうですよ。

そして、無事に下山できたら、高尾山口駅に戻る途中にある高尾山商店会に寄ってみるのもオススメ。紅葉屋本店では、高尾山名物「とろろそば」が食べられます。子どもが好きなおでんや玉子焼きもありますよ。

たくさん遊んだあとは温泉で疲れを癒やしましょう。
「京王高尾山温泉/極楽湯」は、露天風呂や檜風呂など、7つのお風呂が楽しめます。もちろん、お食事処やほぐし処もあります。23時まで開いているので、ゆっくりできますね。料金は、大人1000円、子ども500円で、3歳以下は無料です。
※4月28日(土)~5月6日(日)はシーズン料金のため、大人1200円、子ども600円

「高尾山」4月のオススメの景色

MIZUHO319006_TP_V4

一丁平(いっちょうだいら)展望台
高尾山の山頂から小仏城山方面へ、若葉やミツバツツジを眺めながら、片道約30分で到着します。一丁平は山桜(千本桜)の名所。4月中旬ごろが見頃です。桜だけでなく、晴れていれば展望台から富士山方面を一望できます!絶景を眺めながら、おにぎりをパクリ。春爛漫なピクニックができますね。
5910e97e9145f0c51bb2d763a191b61a_s


下山は吊り橋コース、4号路に挑戦!

98d73dc9671fea061fac49043db3a653_s

ザ・山道!なコースです。木の根っこがボコボコしていたり、狭い道が多いので、小さいお子さんには難易度が少しだけ高めかもしれません。子どもは内側を歩かせるのがベター。全長1.5kmで、下りは50分~60分ほどかかると思います。コースの中盤に吊り橋があります。表参道との合流地点にお土産屋さんがあります。
AME845_yamazakura_TP_V4

都心から気軽に行けて、魅力がいっぱいの高尾山。登山は親子の絆を深めてくれる良い機会になります。山頂まで自力で歩くことができたら、子どもも達成感が得られ、ちょっぴりお兄ちゃん、お姉ちゃんになった表情を見せてくれるかもしれませんね。自然を楽しみながら、親子で登山デビューはいかかでしょうか。

<文:フリーランス記者青木真美

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.