子育て情報『ベビー&キッズモデル現場レポート!幸せは親子で成長を感じられること』

2019年1月30日 11:20

ベビー&キッズモデル現場レポート!幸せは親子で成長を感じられること

ベビー&キッズモデルの撮影現場は、ドキドキワクワクがいっぱい!今回は、ベビー&キッズモデルの息子の撮影現場の様子をレポートします。

撮影当日のタイムスケジュール

撮影当日のタイムスケジュールは分刻み。しかし、タイムスケジュールは事前に連絡をもらえることが多く、授乳中の子どもの撮影でも、授乳のタイミングを計画できます。また事前に撮影内容を把握することができるため「わが子には難しいかも⁉︎」という内容の相談も可能です。
撮影内容によって拘束時間は様々ですが、スタジオ撮影とロケ撮影が同時にある場合は7時間くらいになることも。子どもにとっての7時間は長すぎると考えることもあると思いますが、子どもの機嫌を最優先で休憩を挟んでもらえるので、思いのほかあっという間。休憩中に良い笑顔をしていたら、その時に撮影していた写真が採用されていたということも。

目次

・撮影当日のタイムスケジュール
・ヘアメイクにも成長を感じることが
・ロケ地への移動方法は?
・いざ撮影!親の関与の仕方とは?


息子が初めてスカウトされたのは生後3カ月、まだまだ寝ている時間が長い時期。撮影時に寝てしまい撮影を中断する可能性が高いことを相談しておいたことで、寝ているシーンも追加されることになりました。

ヘアメイクにも成長を感じることが

撮影の前に必ず行われるのがヘアメイク。わが子はじっとしていられないから無理だ!と考えるパパママも多いのでは⁉︎
でも大丈夫。その子の状況に合わせて、プロのメイクさんがステキに仕上げてくれます。

1歳なりたての頃は、動きまわる息子に合わせて立ったままメイクをしてもらいました。

2歳になった息子は、大好きなおもちゃで気をそらしながらメイク

そして3歳になった息子は、自分でメイクに挑戦するように。

メイクひとつをとっても、成長を感じることができます。

ロケ地への移動方法は?

授乳もオムツも不要になった今でこそ、タクシーでの移動が多くなったものの、授乳期やオムツ替えが必要な頃は撮影現場の近くにお部屋を借りてもらって、そこから歩いて行くことが多々。
大人のモデルと同様、真夏に秋冬撮影をするので、ロケ地までは上半身裸で日傘を差してもらって移動なんてことも。

いざ撮影!親の関与の仕方とは?

ベビーやキッズの撮影で重要なのは、普段の親子のコミュニケーション。何をすれば、わが子がどんな行動を取るのかを知っていることがとても重要!例えば、スタッフさんから手を振るようにとの撮影指示。しかし「手を振って〜」と言って、手を振ってくれるような2歳児ではないため…当時「ダァーッ‼︎」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.