子育て情報『赤ちゃんこそ保湿が大事。乳児からのケアが将来の肌への投資になる』

2019年11月23日 17:30

赤ちゃんこそ保湿が大事。乳児からのケアが将来の肌への投資になる

目次

・赤ちゃんの肌ってケアしなくっていいの?
・どうして保湿が必要?
・保湿剤には何がオススメ?
・小学校高学年までは、きちんとスキンケアを
・声をかけながら、親子コミュニケーション!
・ついでにママもぴちぴち赤ちゃん肌に!
赤ちゃんこそ保湿が大事。乳児からのケアが将来の肌への投資になる


赤ちゃんの肌ってケアしなくっていいの?

赤ちゃんの肌ってプルンプルンでつい触れたくなりますね。
そんな気持ちのいい肌だから、何にもお手入れしなくても大丈夫、そんな気がしていませんか?
実は、そうではないのです。筆者はベビーマッサージ講師歴13年。たくさんの赤ちゃんと産後ママの肌を見てきました。
今回は赤ちゃんとママの肌ケアについてお話しします。

どうして保湿が必要?

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもずっと薄く、バリア機能も未発達な状態です。そんな赤ちゃんのお肌は、もともとトラブルを起こしやすいということを覚えておきましょう。
冬の時期だけでなく、一年中うるおいが少なく乾燥しやすい状態です。表皮が形成されていく3歳くらいまでに肌トラブルを繰り返すと、大人になってからもその状態が長く続き、かさかさ感や乾燥でかゆみを起こしやすい肌になってしまいます。
だから、赤ちゃんこそ保湿が大事。赤ちゃん時期の保湿は、今のプルンプルンの肌を守るだけでなく、将来への投資にもなるということですね!

「食物アレルギー」は、口からアレルギー症状を引き起こす物質が体に入って発症すると考えられていました。でも、最近は口からだけでなく、肌を通じて体内に侵入することも発症要因のひとつとして考えられるようになってきています。肌荒れがひどくなると、皮膚のバリア機能が弱まって、外からのさまざまな物質が侵入しやすくなります。つまり、よりアレルギーの原因を取り込みやすくなります。
バリア機能が未発達な赤ちゃんの肌は、保湿して乾燥を防ぐことで、外からの刺激から身を守ることができます。肌荒れでそのバリア機能が低下すると、アトピーなどの原因物質の侵入を許してしまうことに。
まずは、早い時期から保湿のスキンケアが大事です!

保湿剤には何がオススメ?

では、赤ちゃんのスキンケアに何を使ったらいいのか?
私がいつもオススメしているのは、ホホバオイルです。
人間の皮脂と化学構造が似ていて、いろいろな肌質の人に使用が可能と言われています。また、保湿力が高く、酸化しにくいという特徴も。サラっとしていて夏場でもベタベタしないので、非常に使いやすいオイルと言えます。
もちろん、小児科で保湿剤を処方されている場合は、それらを使用しても構いません。
塗る際には、たっぷりと。ママの手のひら全体に広げた保湿剤を塗りムラがないよう、広げます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.